オンラインRPGのプレイ日記や攻略メインのブログです。稀にWeb製作記事も更新。

2016年12月7日 レイドボス:コアの鍵開け条件と有効デバフを更新しました。

各国の次元攻城戦を調査してみた

2013年7月10日 【L2 Lab,リネージュ2

日本では2013年7月13日から開始される次元攻城戦、各国ではどんな感じで進行したのか気になるので調査してみました。


1) 最初にスタートした韓国は?


開始される次元攻城戦

開始される次元攻城戦

過去のテストサーバーで二度の次元攻城戦を行い、ラグやサーバーダウンなどの問題が生じず正常に作動していたため、多くの人々から賛辞を受けた。

そして2012年11月28日に本サーバーに適用された西風の支配者リンドビオルアップデート、12月8日に最初の次元攻城戦を迎えることになる。

12月8日 攻城戦開始

刻印には成功したが…

刻印には成功したが…

過去2回の次元攻城戦とは比較できないほど多くの人が参加し、8時を知らせる鐘の音とともにいよいよ始まった次元攻城戦。

最初は攻め側同盟で攻撃することができないため、どこかの血盟が獲得するのを待ち城の刻印を知らせるメッセージが鳴り始めた。

いよいよ本格的な戦闘が繰り広げられようとする瞬間、次元サーバーに接続しているすべての人が切断される事態が発生した。

サーバーダウンで幕を閉じた最初の次元攻城戦

これは過去のテストサーバーとは比較できないほどの人が接続したためダウンしたことが明らかだった。

再びサーバーがオープンし正常に戻ったように見えたが、数回のサーバーダウンを引き起こし、さらにはソウルショットやスピリットショットが使用できない状況が発生。

ここで運営は円滑な次元攻城戦を進行できないと判断し、「もう一度サーバーダウンが発生した場合は今回の攻城戦を終了する」と告知した。

不安定なサーバー状態であり、すぐにサーバーダウンが発生し最初の次元攻城戦は30分で結果を得ないまま幕を閉じた。

12月15日 2回目の次元攻城戦

相手がいない攻城戦

相手がいない攻城戦

最初の次元攻城戦はラグとサーバーダウンで早期終了し多くのユーザーが悔しい思いをした。

そして一週間後に再び開かれた次元サーバーはラグやサーバーダウンがなく正常に進行したが、今回は一部の血盟しか参加しなかったため結果的に中途半端な攻城戦になってしまったようだ。

12月22日 3回目の次元攻城戦

激しい戦いを見せるルウン城

激しい戦いを見せるルウン城

前回の次元攻城戦は一部の血盟しか参加しなかったため、すべての城をGod血盟に持っていかれたが、今回の次元攻城戦では多くの血盟が参加してくれたようだ。

各戦場で攻撃と防衛が押し合い猛烈な戦いが続いた。最も激しい戦闘が起きたルウン城では5血盟が凌ぎあい、城の外にある十字フィールドで熱を帯びた戦闘が開始された。

■3回目の次元攻城戦結果
獲得した城 刻印に成功した血盟 元サーバー
グルーディオ城 WhiteKnight血盟 ブレムノンサーバー
ディオン城 英雄伝説血盟 フランツサーバー
ギラン城 マイダース血盟 リオネルサーバー
オーレン城 PK血盟 カラーサーバー
アデン城 Genesis血盟 テオンサーバー
インナドリル城 Ranger血盟 エリカサーバー
ゴダード城 義理の神話血盟 リオネルサーバー
ルウン城 単心血盟 ドビアンヌサーバー
シュチュッツガルト城 TheRoyalGuard血盟 ゴースティンサーバー

2) アメリカの次元攻城戦の動画


アメリカでも始まった次元攻城戦

アメリカでも始まった次元攻城戦

アメリカでは2013年6月22日に次元攻城戦がオープンしました。
それぞれのサーバーで最高のクラン同士が一つのサーバーに集まり戦う次元攻城戦。究極の戦いのためにクランで準備をしよう。

ハイライトシーン

あなたは次元の攻城戦に参加しましたか?

次元の攻城戦の最初の2週間は勝利と犠牲の連続だったことを私達がハイライトでお見せします。次元の攻城戦は本当に白熱しエキサイトするイベントだったことを感じてください。

史上初の次元の攻城戦、その戦いハイライトを表示するには以下のリンクをクリックしてください。


■今回獲得した城と血盟 (参加した血盟が少なかったアメリカ)
獲得した城 刻印に成功した血盟
アデン城 Renovatio血盟
ルウン城 SilentHorrors血盟
ゴダード城 MAX血盟
ギラン城 Genocide血盟

3) ロシアと台湾の様子


ロシアは公式フォーラムの構造が非常に読みにくいので今回は後回しです。


そして台湾では7月10日、今日から次元攻城戦の前哨戦イベントの応募が開始されます。「前哨戦」が言葉通りの意味なのかはまだ勉強不足ですが、日本が先に行うことになりそうです。

記事に対してコメントする

投稿ルール
  • 記事内容に関することであれば特に制限はありません。
  • コメントに画像を添付することも可能です。補足説明として使いたいときなど。
  • 投稿ボタンを押すとすぐにページ反映されます。
    (URLを含むコメントは安全性確保のためストックに保留されます。)

名前 (Name) ※無記名にすると「匿名さん」になります

内容 (Contents)

10MB以下のJPG/GIF/PNG形式の画像をアップロードできます。

  1. ホーム
  2. オンラインゲーム
  3. リネージュ2
  4. L2 Lab
  5. 各国の次元攻城戦を調査してみた
サイトに関するご要望や意見はこちらから

各国の次元攻城戦を調査してみた

2013年7月10日 20:00

▲ページの先頭へ戻る