オンラインRPGのプレイ日記や攻略メインのブログです。稀にWeb製作記事も更新。

2016年12月7日 レイドボス:コアの鍵開け条件と有効デバフを更新しました。

アルテイアファイターの欠点

2014年2月28日 【L2 Lab,リネージュ2

2013年12月11日に韓国でアップデートされた次元の異邦人(アルテイア)の翻訳記事です。一般ユーザーの書き込みですので信憑性については各自の判断に委ねます。

アルテイアファイターの覚醒クラスをグラビティ レンク、アルテイアウィザードの覚醒クラスをサイハズ シーアとします。
以下レンク、シーア。発音を直訳しただけなので、日本に上陸した際に名称が変わると思われます。

プラテン エネルギー

適当なサムネイル用画像

■目次ショートカット
  1. ウィービングを改善してほしい
  2. レンクの抱える問題点
  3. レンクとティール比較

1) ウィービングを改善してほしい

元記事: 2014年2月8日

リオネルサーバーでレンクを育てていますが思ったより良くない火力、使いどころの狭いデバフ、紙のような残された粗末な生存力が実感されます。

オリンピアードでスティールマインドを使用できるようになり、スキル再使用時間の短縮と上向きされたように思えるが、実際にはナイト/短剣/アーチャー/ティールを乗り越えることのできない四次元の壁(?)であった。

ウィービングは理論上はチートな生存スキルです。
しかし詠唱時間は1秒かかり、効果3秒、再使用4~5秒。ウィービングを使用している最中は、自分の殴る時間を損し、そして相手の攻撃を受ける…。

無限ハイドに相当するスキルを

いろいろと考えてみましたが、ウィービングをパシスタンスやエクセルのような一瞬詠唱ですぐに適用され、バフ効果を10秒、再使用を15秒に増やすといいだろうと思うのです。

それともウィービングの効果をターゲット解除スキルにしても面白いのではないでしょうか?アーチャーのフラッシュのようなスキルです。

それなら使うに値する生存スキルになると思われます。シーアの無限ハイドのようにね…レンクには無限ターゲット解除。期待できるでしょ。

もしくは短剣のスキル回避のような。デバフ抵抗のある長いUEのようなものを一つだけでいいので…T_T
あなたの考えは?

コメント
私はグラビティバリアをもう少し増やして欲しい。
【トピック主】
バリアはSE(スキルエンチャント)が開放されたらタイムSEが追加されるでしょうね。期待して待ちます。
自然に共感できる笑いがでてきます。ウィービングは本当に…。ああ、秘薬ポーションの使用時に使える程度かな~と思う次第で。
ウィービングは即詠唱で10秒適用あれば使うに値するでしょう。
またステップの移動距離増加やアタックスキルにハーフキル効果があるものも入れてようやく一人前です。
グラビティパンチとマインド時のスキル威力適用も必須といえます。
強化はたしかに必要ですね。
無限ハイドしてマインドを突きつける。そしてまたディレイ中は無限ハイドをすればピッタリだね。
新種族でシーアだけが溢れている現状だからいいんでない?

2) レンクの抱える問題点

元記事: 2014年2月4日

防御性能があまりに低い

短剣クラスの防御性能で生き残るスキルはマインドオブスティール30秒を除いて他にない。軽装備を強制するのなら短剣のエンジェルオブデスに匹敵する生存スキルを用意するべきでしょう。

ティールの場合は軽装備マスタリーに攻撃速度/移動速度ボーナスがあり、状況に応じてトーテムを自由に運用することにより、軽装備の防御力をある程度補うことができる。

ティールに順するようにするか、短剣の回避に追いつくか、どうにかして低い防御力をカバーする何かがなければならない。

デバフにとても脆弱である

唯一の生存スキルであるマインドにはデバフ耐性がないため、タイミングによっては相手のデバフも30秒はいることになるし、またはマインドがキャンセルされたらレンクはただの木偶の坊になってしまう。

マインドにデバフ抵抗効果を付与するか、または短剣のUEみたいにデバフを克服することができるスキルを追加すべきである。

スキルダメージ

いくつか攻撃スキルはあるが…使うに値するだろうか?
スタン効果やノックバック効果など、ダメージと併用してデバフ効果のあるアタックスキルは少ない、かといって通常攻撃は見るに耐えない。

対人戦で使い勝手が良かったスキルはスピンキックで、相手を遠くに蹴飛ばすスキルだけが取り得です。そのスピンキックも倒すことはできず、ノックバックがすぐに解けてしまうので、相手の攻撃を拡散させる程度のスキルである。

対人戦で通常攻撃の効率化

ウィザードやヒーラーのような対象にはマインドのタイミングで通常攻撃である程度は食べることができるが、短剣と交戦時には、相手がエンジェルやUEを使用されると通常攻撃はまったく通じない

スキルダメージがくすぐったく、かといって通常攻撃は軽装クラス相手に効果が薄く。相手を無効化させる強力なスタンやノックバックスキルはなく、対応策がない…。

移動速度

レンクの移動速度は遅いほうではないが、遠距離キャラクターを追いかけるにはそのためのスキルが不足している。サイドステップは2種あるが、どれもスキルの射程距離が短すぎる。

ウィザードやアーチャーに対して強キャラとなるレンクを作ろうとしていようだがメチャクチャに思える。レンクには相手の移動スキルを制御させるスキルがあるが、それを使用する機会さえ持ちにくいのが現実だ。

攻撃速度/クリティカル

これは誰もが知っている問題で言うまでもないことだが、あまりに遅い攻撃速度とクリティカル確率である。

コメント
レンクは確かに臭いですが、かといってシーアをこれから育てるのも幻想ですよ。
NCの考えではディレイの短いウィービングがあれば十分だと思っていたようで、強化されるだろう次のパッチでレンクの生存スキルを待つだけです。
マインドはキャンセルされるし、デバフも30秒間怖いぐらいにはいってくる。
レンクを即興で作ってみましたが、PvPはあまりにもオススメできませんね。これは下層階級キャラです。
レンクになると皆が実感することですが、ハーフキルもなく、槍も持っていなく、単体火力も特別高いわけではないので、パーティーで活躍する術がないですね。攻撃速度やクリティカルも装備で解決は可能ですが、あまりにも天上だ。
オリンピアード・戦争など、キャラクターを全てリニューアルして新しく作られない限り、希望はありません。

3) レンクとティール比較

元記事: 2014年1月20日

あくまで私がやってみた主観的な感想であることを述べます。
文才がなく、文章を書くことがあまりないため誤字誤算はご理解ください。

狩り (ディメンション)

ティールはカバタリで比較してみました。装備を共有できるのでスペックは同じです。

カバタリ SE+10/サブクラスすべて/デュアル99/アビリティ13個
レンク デュアル99/アビリティ11個
武器 +7ブラッディヘリオス拳 ヘイスト+フォーカス
防具 +10ダークアイデオス重装備セット (レンクは重装備セット攻撃型を着用可能)
アクセ 支配者ベルト/アースワーム/タウティ/強化フリン/アンタラス/セブンサイン/憧憬タリス/+7光沢シャツ
宝石 ダイヤ/ルビー/オパール/エメラルドのLv3~4複合 (カバ/レンク同じ)
染料 伝説の力+5 (Str+15, Dex+3) (カバ/レンク同じ)

デュアルスキルで攻撃速度に4つ振って、アビリティも攻撃速度を2個取得すると攻撃速度はカンストします。Dex染料を入れる人であれば、攻撃速度に振らなくてもいいようです。
私の場合はアビリティは攻撃力4つと最大HPを取りました。

ソロ計測開始

上記の設定で同じくイースバフを受けてディメイションでソロプレイ開始。
ティールの場合はハンターシャーマンを間引きながら摘んでいき最後に角で範囲。
槍武器は英雄武器を使用し、苦労せずにソロプレイ可能。(範囲がうまく当たると4分クリア可能)

レンクは一匹ずつ4部屋まで進んでいきマインドはできるだけ大切に保存しておきます。
使用するのはハンターシャーマンを保持しながら、曲がり角でキャッチする方法。

極めて個人的な私の考えですが、マインドを使用しないとティールよりも火力が劣ります。多くの違いはありませんが、カバタリの狩りのほうが少しでも先に進んでいるように思えます。

やはり低い生存力

最も大きな違いは、レンクは生存スキルが少なく、多くのモンスターに追われるとマインドを使用しなければならない点です。30秒という時間もあまりに短すぎますしね…。

最大HPが低いモンスターに対してはレンクの狩り効率を示すことがあっても、最大HPが高いモンスターにはレンクよりもティールのほうが効率的に戦えます。

オリンピア/対人能力

結論から申し上げます。

vs ヒーラー、ウィザード
レンク優位。
相手のほうが装備が良くてもレンクの立ち位置が上になります。操作ミスさえなければ間違いなく簡単に勝てるでしょう。
vs ティール、ナイト
答えがありません。自分より装備が下であれば勝ち。
vs アーチャー、ローグ
マインドの最中に一気に叩き込むことができれば勝ち、凌がれたら負け。同装備、同操作能力であれば勝つことは難しい…。
vs シーア
そのまま、されるがまま、なすがまま…
vs エンチャンター
エンチャンターの回復力では耐えることができず、そのままレンク粘り勝ち。

弱点はあまりに低い耐久力

オリンピアードはダーク重装備であれ軽装備であれ、カデイラであっても実はそれほど重要ではありません。なぜなら、現在のレンクは5分という時間を耐え凌ぐことができません。

ゆえに耐えきるキャラには絶対に勝つことができません…。
一番重要なヒントはマインドを最大限大切にして、相手の生存スキルを先に抜いてから食べるのが最もホットポイント。生存スキルを漏らさせて、その後に落ち着いてマインド30秒すること!

コメント
正解のようだね、良い文です。
私も感じるので分かります~!
↑の人が言うようにほとんど正解ですね。

91でオリン出場したときは勝率がイタズラだったのはしょうがないけど…。
99まで大変に上げてデュアルもして、ボンケオフ(?)に移したところで勝率はなく、本当に勝つのは難しいんですよ…。

この文を読むまで私が間違っているのかと思っていたが、文章を読んでストンと落ちました。
良い文章ですね^^
ところで、ティールはほぼ勝率が難しいとされるヒーラーに、レンクは勝つことができるなんて…。

ディメンション狩場ですが、1匹ずつ取って行けば遅くてもクリアはできるでしょうか?もちろん効率はあまり良くないだろう T_T
【トピック主】
確かに言葉通り可能ではあります。ですが単体狩りは効率が著しく落ちるますので。

ティールが累積で勝つキャラをレンクは押し押しで倒せるのが魅力というだけで、重装備系キャラにはそれほどダメージが通らないというのが事実です。

一般的な+8防具セットまではなんとかなりますが、ダークセットを装備されるとどうしようもありません。相手がヒーラーであればダークセットであっても溶解しますけどね。
【トピック主】
私がこの文章をかいた理由は、低レベルのうちからオリンや狩りで楽しい姿を想像して99を目指している方がいらっしゃるかと思って。

99になってみて分かりますが、思ったより本当に優れてはいません。
ただ魅力的なキャラクターであるだけ!!
レンクが魅力的なうちはガッカリせずに着実に育ててください^^
良い文章ありがとうございました。
オリンピアでマインドパッチがきたと喜んでいたが、すぐに挫折しました…。
弓/短剣/盾のような生存力が長~いキャラには勝率が難しいです。
レンクの火力はおおよそ平均するとデュエリスト級の火力になるようです。ですので、カバタリやタイタンに比較するとまだまだ不足でしょう。

その代わり、バトルラプソ+マインドではモンスターを溶かすことができます。
シーアはオリンピアもフィールドも楽しむことができます。
レンクはオリンピアでもマインドをキャンセルされるし、生存力があまりにないです T_T

ドムブリのラッシュのような遠距離から近づけるスキルを一つでも与えなければ、ますますユーザーはシーアに向かって傾くでしょう。まだSEも残っていますが、ウィービングは無限ハイドと比べると…ゴミだと分かるんです。
はい、その通りで思ったより優れていなくメリットも無いようで軽く後悔しているが、そのまま育てるつもりです。
レンクは現在、生存力が下層階級クラスで、新種族というわりにはチートなスキルがないんですよね。やはりNCはウィザード側に一票を持たせるようで、軽装職は狩りもティールに遅れてPvPオリンも弱気なようです。
レンクの最大の強みは忙しくあれこれ押して狩りをしなくていい点で、逆に最大の弱点は忙しくクリックしようとしても押すものがないということです。
格闘武器の価格がポロポロ落ちてきていますね、レンクの装備が売れない;;
ウィービングは効果7秒でディレイ10秒じゃダメなの?
装備がなくてもヒーラーには優位ですって?(笑)
完全フル装備のヒーラーに会えばドルドルメブ(?)でレンクが大変です。
理由は生存力がないから。

情報元: 韓国公式  アルテイアファイター掲示板

記事に対してコメントする

投稿ルール
  • 記事内容に関することであれば特に制限はありません。
  • コメントに画像を添付することも可能です。補足説明として使いたいときなど。
  • 投稿ボタンを押すとすぐにページ反映されます。
    (URLを含むコメントは安全性確保のためストックに保留されます。)

名前 (Name) ※無記名にすると「匿名さん」になります

内容 (Contents)

10MB以下のJPG/GIF/PNG形式の画像をアップロードできます。

  1. ホーム
  2. オンラインゲーム
  3. リネージュ2
  4. L2 Lab
  5. アルテイアファイターの欠点
サイトに関するご要望や意見はこちらから

アルテイアファイターの欠点

2014年2月28日 07:00

▲ページの先頭へ戻る