オンラインRPGのプレイ日記や攻略メインのブログです。稀にWeb製作記事も更新。

2016年12月7日 レイドボス:コアの鍵開け条件と有効デバフを更新しました。

タウティで変化した属性ダメージのカンスト表

2012年3月29日 【L2 Lab,リネージュ2

1.防御属性値が攻撃属性値より高ければダメージが既存より減少するように変更した。(防御属性を高めることにより、従来は0より下がらなかったダメージをさらに減少できるようになった。)

2.無属性スキルを使用しても、武器属性に応じたボーナスを適用するように変更した。(キャラクターウィンドウで確認される攻撃属性と同じ属性が適用される。)

3.属性ダメージの変更にともなって、モンスターの属性値も変更した。(Lv95以下のモンスターの属性値が減少。変更された属性値に基づいてモンスターから得られる経験値とSPも変更。)

属性差とダメージ量を実験からグラフ化してみた

タウティで色々変化はありましたが私にとっては属性が一番重要なのでその実験結果について書きます。PvEの場合は、モンスターの正確な属性値を調べる術がないため、PvP(対人)で実験をしてみましたのでご了承ください。

グラフのX軸は相対的な属性値であり、Y軸は属性差0を基準としたダメージ増加量です。属性差=(攻撃者の攻撃属性) – (防御者の防御属性)

★画像をクリックすると大きなサイズで見れます。
属性差-30から320まで。6ずつの感覚で実験。

属性差-30から320まで。6ずつの感覚で実験。

まずX軸は属性差のことで、数字が2段になってて混乱しますが、よく見ると、ただ単純に表に収まりきらなかったから2段になってるだけです。0より下のマイナスは、つまり攻撃属性より防御耐性が高いということです。

結果だけ言ってしまえば、相手の耐性より攻撃属性が216上回ればカンストしているようです。ダメージ量は無属性からたったの1.25倍でストップしてますね。


属性差-280から20まで。5ずつの実験。

属性差-280から20まで。5ずつの実験。

こちらは逆に防御属性を上げていくとどこまでダメージが減るのかのグラフです。実験者も言ってますが、0~10の奇妙な動きはよくわからないとのこと。

こちらも結論だけ言ってしまえば、相手の攻撃属性より220上回った耐性であれば最小ダメージとなるようです。75%なのでダメージを25%カットできることになりますが、初期の属性システムより明らかに絞ってきてますね。

このトピックに対する韓国ユーザの反応

  • 前にこういう実験してめちゃくちゃ時間がかかり大変だった記憶があります。良い情報をありがとう、参考になります。
  • 既知のものとはちょっと違いますね。
  • このような実験、お疲れ様でした。
  • トピック主
    二つ目のグラフ0~10は表を作るときに起きたエラーでした。一つ目のグラフの0~10を参考してください。
  • 良い資料です、苦労しましたね。

翻訳者のコメント

防御側は耐性を簡単に上げられるので嬉しい修正だけど、問題は攻撃側。マイナスダメージになってしまうため属性150程度なら入れないほうがダメージが高いということもありえそう。


海外情報:inven - ユーザーチップス (2012/03/10)

記事に対してコメントする

投稿ルール
  • 記事内容に関することであれば特に制限はありません。
  • コメントに画像を添付することも可能です。補足説明として使いたいときなど。
  • 投稿ボタンを押すとすぐにページ反映されます。
    (URLを含むコメントは安全性確保のためストックに保留されます。)

名前 (Name) ※無記名にすると「匿名さん」になります

内容 (Contents)

10MB以下のJPG/GIF/PNG形式の画像をアップロードできます。

  1. ホーム
  2. オンラインゲーム
  3. リネージュ2
  4. L2 Lab
  5. タウティで変化した属性ダメージのカンスト表
サイトに関するご要望や意見はこちらから

タウティで変化した属性ダメージのカンスト表

2012年3月29日 20:00

▲ページの先頭へ戻る