オンラインRPGのプレイ日記や攻略メインのブログです。稀にWeb製作記事も更新。

2016年12月7日 レイドボス:コアの鍵開け条件と有効デバフを更新しました。

ロングテール記事でアクセスを稼ぐ方法

2012年2月29日 【Web製作メモ
■目次
  1. ホームページはトップページだという考えを捨てる
  2. ロングテールワードの探し方
  3. 限界までキーワードを絞り込む

ロングテールとは

ロングテールとは

地元の店が絶対に勝てない理由

ロングテールとはオンライン特有の商売の方法で、7~8年前から注目されています。

例えば「ワンピース」の漫画が欲しいときは近くの本屋に行けばすぐに見つけることができますが、「ハンターハンター」のような少しマイナー漫画になると、うちの地元では100%置いてありません。
オフラインショップでは売り場が制限されているため販売成績の良いものしか置けないためです。

お客さんはどうするかというと、初めのうちは他の店も見てまわりますが一度置いてないことを確認すると二度といかなくなり、ネットショップを利用するようになります。

インターネット大航海時代

オンラインでは場所の制限というものがないので超マイナーな物でも見つかるでしょう。それが一ヶ月に一回しか売れない商品でも、同じようなマイナー商品が何千個とあれば大手に匹敵します。

人気商品は人気が落ちると店も絶望的な売り上げになってしまいますが、ロングテールにはそんなのお構いなしです。
一つ一つは少ないものの、全体を合わせれば常に安定した売り上げを誇ります。
それがTUTAYAやAmazonです。

ホームページも同じことで、検索総数の多いキーワードで上位に表示されると、それはもう一日何万人と訪れることになりますが需要の多いものには供給も当然増えます。
まず有名どころのサイトだったり、または企業サイト、個人ブログでもかなりの数がすでに占拠しています。
そこで肝心なのがロングテールSEO!

関連ワード、さらに一個掘り下げたワードで記事を作り、まず外堀から埋めていきます。そして安定した大きなサイトになってから、ビッグキーワードに挑戦するわけです。

ホームページはトップページだという考えを捨てる

初めに、検索エンジンはYahoo!を利用します。
なぜかというと単純、日本で一番利用されているからです。
サイト運営者としても、お客さん目線で見てみることも大事です。

当方エミュサーチLightのジャンル、エミュレータで説明させていただきます。

エミュで検索すると有名どころのサイトが上位に表示され、大抵のワードではWikipedia系が独占していることが多いですね。
僕のサイトは7番目に表示されました。結構下位です。

トップページに力を入れていた時期は2番目に表示されていましたが、今は気にしていません。古い考え方だとトップページが重要に感じますが、実は個別の記事のほうがサイトの顔となります。
つまり、個別の記事をそれぞれ独立した一つのホームページだと考えます。

この考え方ができるようになってから、アクセス数は10倍になりました。
たしかに「エミュ」で検索する人は多いので手を出したくなりますが、もっと絞ったワードでなければ、実はお客さんは来てくれません。

ロングテールワードの探し方

エミュと関連したキーワードで絞り込めと言ってもなかなか思いつきません。
そこで利用するのが一番下に表示される関連ワードです。

関連ワード、左上から優先順位なのかな

関連ワード、左上から優先順位なのかな

  1. SFC エミュ 2位に表示、当サイトでも安定した稼ぎ頭
  2. PSP エミュ 4位に表示、ここをなんとか2位まで上げたい
  3. PS エミュ 1位に表示、クリック率60%、一番の稼ぎ頭。一日1200人ぐらいかな。
  4. GBA エミュ 5位に表示、ほとんど来てくれないね。
  5. PS2 エミュ 2位に表示、PS版と同じぐらいきてくれる。

絞り込んでも、まだ一つのキーワードで一日2000人ぐらいが検索してるので十分ビッグキーワードですが、全てで上位表示できるようになれば、一日30,000人ぐらいにはなると思います。

限界までキーワードを絞り込む

まだまだ関連ワードが表示されなくなるまで絞り込みましょう。

■サンプル:SFC エミュ
  1. SFC エミュ

さらに、SFCエミュにはSnes9xやZSNESというソフトがあるので、そちらでも絞り込んでいきます。

疲れた…

こんな感じでいくらでもでてきます。
キーワードをメモしておいて、記事を作るときにタイトルにキーワードを散りばめるだけで、簡単に上位表示されると思います。

そしてそのページにリンクを貼るときのアンカーテキスト。
タイトルの次に重要で、Snes9xの紹介といったようにキーワードを含めます。
多くの人は外部リンクばかり気にしていますが、サイト内での内部リンクも超重要です。

「PS2 エミュ」と「PS エミュ」と「SFC エミュ」で上位表示できている理由は、全ページからリンクを貼っていたからです。
それ以外のPSPやGBAは数ページからのみリンクなので下位表示になっていました。
上位表示されているページを見てわかるように、内部リンクの被リンク数が重要となります。

まとめ

  1. 自分の趣味のキーワードで関連ワードを絞っていく。
  2. それを題材にタイトルも勿論忘れず記事を書く。一日一記事を目標。
  3. 重要度の高いページには、全ページのヘッダーからリンクを貼ると効果的。
  4. そうしてるうちに検索エンジンの傾向や好みが分かってくる。
  5. ロングテールで安定したアクセスを得られるようになったら、上位キーワードに挑戦する。

まぁ面倒なので僕はたまにしかやらないですけど、総アクセス数の70%はロングテールです。WordPressのカテゴリーやタグで自然とページ数が増えて内部リンク効果も大きくなるのが助かる。

そして全アクセスの内95%が検索エンジンからのお客さんです。サイドバーのリンク元ランキングを見ればわかるように、1位でも1週間に60人程度です。
相互リンク依頼はしていないですし、宣伝もしていませんが、ロングテールSEOのみでそこそこアクセス維持できるもんです。

書く記事に行き詰ったときはロングテール記事を書きましょう。
趣味なことだから苦にならないし、絞り込み検索を全て書き終えたときは、そのジャンルを卒業するときです。

記事に対してコメントする

投稿ルール
  • 記事内容に関することであれば特に制限はありません。
  • コメントに画像を添付することも可能です。補足説明として使いたいときなど。
  • 投稿ボタンを押すとすぐにページ反映されます。
    (URLを含むコメントは安全性確保のためストックに保留されます。)

名前 (Name) ※無記名にすると「匿名さん」になります

内容 (Contents)

10MB以下のJPG/GIF/PNG形式の画像をアップロードできます。

  1. ホーム
  2. 雑記
  3. Web製作メモ
  4. ロングテール記事でアクセスを稼ぐ方法
サイトに関するご要望や意見はこちらから

ロングテール記事でアクセスを稼ぐ方法

2012年2月29日 20:00

▲ページの先頭へ戻る