オンラインRPGのプレイ日記や攻略メインのブログです。稀にWeb製作記事も更新。

2016年12月7日 レイドボス:コアの鍵開け条件と有効デバフを更新しました。

CO2ビジネスに騙されるな「温暖化の影響とは」

2012年2月20日 【雑記

2012年2月20日に長野県で本州の観測史上最低気温のマイナス29.2度を記録しました。『富士山じゃないの?』と思いましたが、人が住む場所か戦後の記録に絞ってるんでしょう。
ちなみに、富士山の山頂はマイナス38度を観測しています。

世界一雪が降る場所は新潟県にあるし、世界で一番積もった場所は滋賀県にある伊吹山です。こうして見ると、この地域は不思議なことに寒さ関連で記録を叩き出してます。

氷点下で人が起こす行動について調べてみた

  • マイナス10度で泳ぎ始めるのがロシア人
  • マイナス40度は釘でバナナが打てる
  • マイナス50度が「今日は暖かいなぁ」と感じるのがヤクーツクの人
    ロシアのヤクーツク 右下の北海道がかわいい

    ロシアのヤクーツク 右下の北海道がかわいい

  • マイナス70度は深呼吸すると肺が凍りついて凍死するレベル

世界的にマイナス40度を下回ると外出禁止令が発令されます。
ロシアはそんなの関係ネェみたいですが。

ヤクーツクではこんな話もあります

不思議館~史実に隠れた衝撃的な話~
125万人の大キャラバンがバイカル湖でことごとく凍死

人が生活できてることも驚きですが、夏もちゃんとあるんです。
夏場の平均気温は20~25度でちゃんと暖かいんですね。
それにしても、昔の人はどうやって生活していたのか不思議。

ここからは難しい話

果たして温暖化は本当か?生物への影響を調査する

北極の氷が解けて温暖化だー!と言われてますが、これだけ寒いとどこがじゃ!と言いたくなりますよね。
二酸化炭素(CO2)がどうたらこうたら騒いでますが、人間の影響って実は地球規模で見るとちっぽけなものじゃないかと思う。

北極の氷が解けるとヤバイ?

北極の氷は融けていない (Youtube)
(初めに警告音のようなものが鳴りますので注意。)

結局、全体のサイクルで見ればプラマイ0になるようにできてるんじゃないかな。
夏が極端に暑ければ、冬は極端に寒く、またそれほど暑くない夏と、それほど寒くない冬。

もっと長い目で見れば、数百年~数千年単位で暑くなったり、寒くなったりする。
地球規模で見れば些細の差だけど、人間規模でみると、「このままでは世界が滅亡してしまう!」と感じるだけ。

海面は上昇しているのか?

アルキメデスの原理から分かるように、そもそも北極の氷が解けても海面は上昇しないんです。(氷が浮いていても、その分の浮力は海にあるわけだから。)

海面上昇は北極の氷とは関係なく、今がちょうどその時期なだけで、現代科学の発展とタイミングが偶然合わさったから誤解しています。
十数年も上昇し続ければ、たった80年程度で生涯を終える人類にとっては不安になりますね。

縄文時代には現在より5~10メートルも高かったという調査結果があります。
5メートルがどれぐらいかと言うと、現在の海岸線よりも場所によっては80~130kmも日本が内側に縮まってしまうわけです。
人間規模で見ると、もうとんでもねー話です。


温暖化まとめ

「ここ最近の地球は温暖化しているのか?」という問いなら答えは「はい」ですが、現代科学が起こした弊害なんてのはおこがましく人間がいくら頑張っても踏み込めない領域に未だいるのが地球です。

CO2対策はエコと同じように、商売としてビジネスでやっているだけです。
人類が排出している二酸化炭素は大気全体の0.025%しかありません。
太陽と地球と月の気まぐれが起こした神々の遊びが結論。

苛酷な環境でも生物は適応してきた

恐竜が栄えたジュラ紀の平均気温は現在より15度も高く、海面も200メートル以上!CO2は20倍もありました。研究者曰く「まるでサウナのようだった…。」
そうした中で、暖かさに適した生物が生まれ、そして寒い時期には寒さに適した生物が生まれる。なので温暖化が完全な悪だと言い切れません。

サウナのような環境で誕生し氷河期も数回クリアした前回の覇者である恐竜の歴史は1.5億年、対して人類はまだたったの20万年です。1900年から2000年まで平均気温が+0.6度上昇して温暖化だ!と騒ぐのは現代人ぐらいなもんです。

縄文人は今より平均気温が-8度寒い時代と+2度暑かった時代を経験しています。
どちらも急激な温度変化がおき、100年間で-6度50年間で+7度です。
「100年で+0.6度で地球がヤバイ?ハァ~、これだから最近の若いヤツは…。」と縄文人に呆られますよ。

温暖化のおかげで、人類は進化できたわけです。
新人類がアフリカにしかいなかったのも、当時は超氷河期で寒くて寒くてしかたがなかったからです。
氷河期だった旧石器時代は人類の歴史95%以上の期間を占めていて、温暖化した途端に5%で弥生時代~現代へと続きます。

こうして現代と照らし合わせると歴史も面白く興味が沸いてきますね。

太陽の活動が2001年をピークに年々弱くなってきています。そして2008年に話題になった「太陽黒点活動が停止!?」このまま黒点が観測できない状態が続けば数十年の内に小氷河期が訪れる可能性が高い。

さらにイギリスの研究によると地球の平均気温が2005年をピークに下がり続け、2007年から2008年にはなんと-0.1度も下がってしまいました。

太陽がちょっとやる気なくしただけで文明が簡単に滅びます。生物からすると温暖化バンザイ!なもんで寒冷化のほうがマズイわけです。
気候変動の流れを見るにこれから数百年かけて寒冷化していきます。「昨年より平均気温が上がりました。」の表記を見たらラッキーと思いましょう。

記事に対してコメントする

投稿ルール
  • 記事内容に関することであれば特に制限はありません。
  • コメントに画像を添付することも可能です。補足説明として使いたいときなど。
  • 投稿ボタンを押すとすぐにページ反映されます。
    (URLを含むコメントは安全性確保のためストックに保留されます。)

名前 (Name) ※無記名にすると「匿名さん」になります

内容 (Contents)

10MB以下のJPG/GIF/PNG形式の画像をアップロードできます。

  1. ホーム
  2. 雑記
  3. CO2ビジネスに騙されるな「温暖化の影響とは」
サイトに関するご要望や意見はこちらから

CO2ビジネスに騙されるな「温暖化の影響とは」

2012年2月20日 20:00

▲ページの先頭へ戻る