『AMD Ryzen 9 7950X3D』はライバルを超える最強ゲーミングCPU

AMD,CES 2023

Zen4 3D版は3種類のCPUを発表

最強のゲーミングCPUと期待される『AMD Ryzen 9 7950X3D』が発表されました。Zen4 3D版は膨大なキャッシュ量を活かしてゲームのパフォーマンスを大幅に高めることができます。

AMD公式発表によるとIntel Core i9-13900K (Raptor Lake)に対して最大24%高速になるらしく、タイトルによって優劣はあるものの想像以上の効果を発揮しています。

※Zen4 3D版は2023年2月に出荷を予定していますが具体的な日付や詳細な価格情報はまだ明らかにされていません。

Zen4 3Dの基本スペック比較

Zen4 CPU コア/スレッド 基本クロック 最大クロック キャッシュ
L2 + L3
TDP 価格
Ryzen 9 7950X3D 16/32 4.2 GHz 5.7 GHz 144 MB 120W
Ryzen 9 7950X 16/32 4.5 GHz 5.7 GHz 80 MB 170W 699ドル
Ryzen 9 7900X3D 12/24 4.4 GHz 5.6 GHz 140 MB 120W
Ryzen 9 7900X 12/24 4.7 GHz 5.6 GHz 76 MB 170W 549ドル
Ryzen 7 7800X3D 8/16 4.0 GHz 5.0 GHz 104 MB 120W

3D版はキャッシュ量が64MB増加しており低速メモリをなるべく使用しないことで高速化を実現しております。(キャッシュ内に収まりきらない場合は効果が著しく低下)

また最大クロックが維持されている点も見逃せません。以前は最大クロックが下げられてしまい一般用途ではかえって性能が落ちるため購入を見送ったユーザーもいました。

■基本クロック低下
3Dキャッシュの影響で基本クロックが300MHz低下していますがおそらく体感することは無いと思います。それよりもTDP170Wから120Wに大きく減少したメリットのほうが上回ります。

Core i9-13900Kを超えるゲーミング性能

Core i9-13900Kを超えるゲーミング性能
※Ryzen 7と記載されているのはAMDのミス

ゲームパフォーマンスお披露目ではIntel Core i9-13900Kと比較したグラフが用意されておりその中でも『Horizon Zero Dawn』では最大24%上回るそうです。

もちろんすべてのゲームで勝るわけではありませんが、少なくとも上記タイトルに加えてWatch Dogs Legion, DOTA 2, Rainbow Six Siegeはライバルを上回っていることが示されています。

参考までにこれらは1080p+高設定での結果であり解像度によって大きく異なる点には注意してください。キャッシュの仕組み上、低解像度で最大の効力を発揮し4Kではキャッシュの恩恵が少なくなります。

AMDパフォーマンスラボでテストされたゲーム一覧
Valhalla
Borderlands 3
CS:GO
Cyberpunk 2077
Deus Ex: Mankind Divided
DOTA 2
F1 2021
Far Cry 6
Final Fantasy XIV
Ghost Recon Breakpoint
Grand Theft Auto V
Hitman 3 Dubai CPU
Hitman 3 Dubai GPU
Metro Exodus
Middle Earth: Shadow of War
Shadow of the Tomb Raider
Strange Brigade
Total War: Three Kingdoms Battle
Warhammer: Dawn of War III
Watchdogs: Legion
Wolfenstein Youngblood (LabX)
World of Tanks Encore
Rifbreaker CPU
Red Dead Redemption 2
Forza Horizon 5
Guardians Of The Galaxy
Tiny Tina’s Wonderland
Dirt 5
Civilization VI
Horizon Zero Dawn
Ashes of the Singularity (GPU)
Total War Warhammer III (Battle)
F1 2022