コルセアから世界最速のDDR5-6400メモリ登場

コルセアから世界最速のDDR5-6400メモリ登場

DDR5メモリは開発が大変そうな印象を受けましたがコツを習得したのかガンガン性能が上がっていますね。これらはすべてOCメモリですので私はネイティブ版6400が登場するまで待つつもりです。

Corsairの6400Mbps高速DDR5メモリ

Corsairは最大6400Mbpsの転送速度を備えた高速なDominator Platinum RGB DDR5メモリキットを発表しました。これは今後数週間で発売される予定です。

ゲーマー、クリエーター、PCビルダー向けに6,200MHzおよび6,400MHzに対応した6GB x 2のメモリーキットとして前例のない速度で新たな一里塚を建てました。

そしてCORSAIR iCUEソフトウェアを使うことで新しいXMPマネージャーを通してこれまで以上にメモリのカスタマイズが可能になります。

現在、DDR5パフォーマンスが再び上昇しており第12世代Intelコアプロセッサーを活用する最も強力なシステムとして重宝されます。

12個の超高輝度LEDと生涯保証

12個の超高輝度LEDと生涯保証

XMPマネージャーを備えたCORSAIR iCUEソフトウェアのダウンロードが可能になり、DDR5メモリを使用する愛好家のための比類ないレベルの制御とカスタマイズを提供します。

ソフトウェアを介してDDR5メモリの電圧調整を可能にしてモジュールに直接保存できるIntel XMP 3.0プロファイルを使用することによって正確で安定したオーバークロックを実現します。

Corsairメモリは世界クラスのパフォーマンスを補完する洗練された設計と、12個の超高輝度なCAPELLIX LEDで照らされ美しい鍛造アルミニウムが巧みに構築されています。

特許取得済みのDHX冷却設計により6,400MHz周波数でもパフォーマンスが低下することはありません。他のCORSAIRメモリと同様にDOMINATOR PLATINUM RGBは生涯保証が付いています

速度限界を打ち破る

CORSAIRは速度限界を打ち破る

DDR5世代の今、オーバークロック愛好家はCORSAIRモジュールの助けを借りて数々の速度制限を打ち破ってきました。

今年11月にオーバークロッカーのDavid Miller氏は、液体窒素で冷却することで8,149MT/sの速度に到達してCORSAIR DDR5メモリの新記録レベルに到達しました。

これらの検証された結果からも分かるように、世界最速の頂きへ到達しようとしているオーバークロッカーにとってCORSAIRは最高の選択肢として確立されているわけです。

最新で最高クラスのメモリを欲しているPC愛好家ならばCorsair Dominator Platinum RGBを置いて他にないでしょう。

将来性、保証、価格

CORSAIR DDR5 6,200MHz CL36は公式ショップからすぐに入手でき、世界中の認定小売店および販売代理店からも選択できます。

そして6,400MHzキットは今後数週間のうちに利用可能になることでしょう。在庫情報については上記のWebサイトを確認するか最寄りのCORSAIR営業担当者またはPR担当者にお問い合わせください。

CORSAIR DOMINATOR PLATINUM RGB DDR5メモリはワールドワイドカスタマーサービスおよびテクニカルサポートネットワークに加えて、生涯保証が付いています。

海外の反応をピックアップ

海外の反応
1 Get !!
ところで、マイクロンはどこいったの?
私はマイクロン製を買いました。でも到達可能なのはDDR5-5333@CL34まで。
↑レイテンシはとても良いです。それを5600MHzにOCしてみてください。かなり優秀なDDR5スターターになるでしょう。
↑5400MHzに到達するにはレイテンシを大きく上げる必要があります。5600MHzに対応しているマイクロンメモリは多くありません。次はSamsungまたはHynixを考えています。
DDR5はバースト長の増加など変更されており同じ周波数でも38%高い帯域幅になっています。したがってDDR5-6400はDDR4-3200の2.76倍になります。
DDR5-6400@CL38は悪くないです。DDR4-3200@CL19の帯域幅がそのまま2倍になったようなものですから。

DDR4メモリのレイテンシー同等のまま到達するのは時間がかかるかと思いましたがすでに存在するみたいです。CL32と素晴らしいので電圧をさらに高めればもっと良くなるでしょう。

↑6400MHzでCL30近くは見たことがないです。代わりに6400-6800MHzでCL38ですから、おそらく今後は7600に移行する可能性が高いと考えています。
DDR5は現時点で無意味です。平均FPSが1%か0.1%かわずかに高くなる可能性はありますが、スムーズなゲームプレイを体験するためにどこに重点を置くか自分で判断してください。
↑それは真実ではありません。DDR4よりも高い金額を投入すればより良いトレードになります。APexのパフォーマンスではDDR5が上回りました。

DDR5 42ns 110,000読み取り速度
DDR4 38ns 58,000読み取り速度

このようにDDR5が勝利しており読み取り速度は今後進化するでしょう。さて、私が言ったように将来性やコストは別問題です。

↑DDR5はベンチマーク結果では勝ちますが実際のゲームFPSでは1%~0.1%もしくはそれ以下の差です。
↑DDR5の欠点や性能を語る前に、まずはV-Cacheを備えたZen4を待つ必要があると思います。
DDR5-6000MHz 16GBよりもDDR4-3600MHz 32GBを選んだ方が安価ですね。
↑レイテンシを考慮していないのであれば貴方の発言は無意味です。将来的に適切なレイテンシで6400は3600を倒すでしょう。

記事を書いた人

Logu
Logu
個人でも情報発信できるインターネットに魅了されて2000年にWebサイトを立ち上げました。PCハードウェア、PCゲーム、エミュレータに関する記事を重点的に投稿していきます。
パソコン対応の実機コントローラー紹介
PCで使えるGCコン! ホリ製クラシックコントローラー
任天堂のライセンスを受けて作られたホリ製クラシックコントローラーです。Switchに限らずUSB接続することでパソコン上(Xinput)でも認識します。連射機能を搭載しておりPCゲームに最適。
PS4コントローラー USB接続
BlurtoothもしくはUSB接続することでパソコン上で認識します。デュアルバイブレーション、加速度・重力感覚、ジャイロセンサー搭載。PSコントローラーに慣れているならDUALSHOCKが安定です。
Xbox 360コントローラー USB接続
Xboxに限らずUSB接続することでパソコン上でも認識します。公式のゲーム大会では有利すぎると使用禁止になった最強のゲーミングコントローラー。
にほんブログ村:PCゲーム   にほんブログ村:MOD・ゲーム改造   にほんブログ村:自作PC