ボスの全体像を見ながら戦えるカメラ調整MOD

エルデンリングを再構築するシステム大幅改編MOD

エルデンリングのゲームシステムを大幅に改変するMODが登場しました。完全な別物になるためランダマイザーのように気分を一新してプレイすることができます。

変更されたシステム一覧では驚くほど多くの点が変更されており、ボス戦のカメラ調整やローリングの入力バッファ削減はデフォルトでも欲しいぐらいです。

いくつか主な変更点を以下に記載します。将来的にボスと再度戦えるようになる機能は楽しみにしています。

システム改善一覧
ローリング時の入力バッファ削減
-終盤の敵ステータスをやや弱体化
-敵のヒットボックスを修正し見たままの攻撃が当たる
-デバフ効果の見直し
ボスの全体像を見ながら戦えるカメラワーク
将来的に実装予定
-インベントリに常用されるアイテムから難易度を変更
-ボスの行動パターンによって変化するカメラワーク
ボスと再び戦えるボスラッシュ機能

改造はオフライン専用です

MOD使用中はオンライン接続が禁止されることに注意してください。ゲームの改造はオフラインモードのみ楽しめる仕組みになっています。

改造前のセーブデータをバックアップしておくことも重要です。MODをすべて解除してセーブデータを元の状態に戻せば再びオンライン接続できます。

もしくは今後マルチプレイをする予定がないのであればシステム再構築を適用したまま常時オフラインで遊び続けることも可能です。

ボスの全体像を見ながら戦えるカメラ機能
ボスの全体像を見ながら戦えるカメラ機能

MOD導入方法

必要ツール  Mod Engine 2の使い方
MODファイル  ERR – Elden Ring Reforged
インストール場所 /ModEngine2/mod/

1) 従来のゲームプログラムを直接書き換える方法でも導入できますが、バニラを維持したまま改造可能なMod Engine 2の利用を勧めます。

2) Nexusの無料アカウントを作成後、 ERR – Elden Ring ReforgedにアクセスしてMODファイルをダウンロードしてください。

3) 中にあるregulation.binおよび複数のフォルダをまとめてMod Engine 2の中に移動させて導入完了です。

/ModEngine2/Mod/chr/
/ModEngine2/Mod/event/
/ModEngine2/Mod/menu/
/ModEngine2/Mod/msg/
/ModEngine2/Mod/script/
/ModEngine2/Mod/sfx/
/ModEngine2/Mod/regulation.bin

お勧めは別フォルダにて管理

ERRフォルダ作成
ERRフォルダ作成
“/ModEngine2/ERR/regulation.bin"
“/ModEngine2/ERR/chr/〇〇.dcx"
“/ModEngine2/ERR/script/〇〇.dcx"

こちらのMODは大幅に調整されており単独使用が推奨されています。そのため他と混ざらないように専用フォルダを作成する方法が最も安全です。

通常はmodフォルダに格納していましたが今回はERRフォルダを作成して完全に分離する方向で導入してみましょう。

modフォルダには普段から常用するものだけ入れてお使いください。

フォルダの優先順位を設定

続いてmodフォルダを無効化してERRフォルダだけ読み込ませる作業を行います。メモ帳などでconfig_eldenring.tomlを開きmodsの項目を修正してください。

path=はフォルダの場所になります。絶対パスも使用できますが今回は最も簡単なやり方でいきます。

デフォルト
mods = [
{ enabled = true, name = “default", path = “mod" }
]
一行追加してdefaultを修正
mods = [
{ enabled = true, name = “Elden Ring Reforged", path = “ERR" },
{ enabled = false, name = “default", path = “mod" }
]
無効化したいとき
mods = [
{ enabled = false, name = “Elden Ring Reforged", path = “ERR" },
{ enabled = tue, name = “default", path = “mod" }
]

MODを有効化したいときは一行追加してdefaultの項目をfalseに変更します。逆に無効化したいときはenabled = trueをfalseに書き換えると適用されなくなります。(defaultをtrueに戻します)

海外の反応をピックアップ

使用者の感想
これは凄いというほかありません。
さっそく新しいゲームを初めて体験してみたいです。
ありがとう、とてもクールです。
ゲームのアップデートが止まったら使ってみたいと思います。
このようなゲームシステムを改善してくれるMODは大好物です!
気分をリフレッシュしてくれて再び遊ぶモチベーションを呼び起こしてくれます。
変更ログを見ると大々的な修正で驚きました。
開発者からリリースされるべき本格的なパッチなようです。
次の周回プレイではぜひとも使いたいMODの一つです。
Skyrimの非公式パッチのようにもはやこのMODは伝説になるでしょう。
カメラのロック機能とローリングのバッファ時間を修正してくれる人がいることに大きく感謝します。
ボス戦でカメラ調整する機能だけ欲しい。
CSVモジュール化は難しい
将来的にモジュール化する可能性はありますか?
多くの変更点は素晴らしいのですが個人的にカメラ修正とローリングの入力バッファ削減だけ使いたいと思っています。
【作者】
↑カメラに限らず多くの項目がこれから更新されていくのでモジュール版も更新維持することは大変です。
たくさんのシステム改善を同時に行っているため一部分だけ持っていくことは難しいと思います。
FAQなど
これはイージーモードなんでしょうか?それとも難易度が高くなるのですか。
【作者】
↑簡単や難しくというよりゲームを公平にするためのものです。
例えばこちらのヒットボックスを見てもらうと分かると思います。
ヒットボックスの修正

また特定のボスはより難しくなり、『レナラ』『ラダゴンの赤狼』『モーグ』は未使用だった攻撃を行うため強化されています。

こちらのMODはYappedを用いて編集する他のregulation.binと互換性がありますか?
【作者】
↑大規模な改造がされているため残念ながら他のregulation.bin系統のMODと互換性はありません。
リンク先のログを見ましたがたくさんの変更点がありますね。
ソウルゲームを初めて遊ぶ新規プレイヤーにとってはこれらのバランスはデフォルトに対して簡単になっていると考えてもいいのでしょうか?
【作者】
↑全体でみると楽になっていると言えます。
ロックオンすると敵の行動がすべて見えるし、幻のヒットボックスにやられることもありません。

終盤の敵ステータスは減らされていますが、特定のボスはむしろ強化されています。またやりすぎに感じていた出血効果も弱くしました。

このMODを導入するには新しくゲームを始める必要がありますか?それとも今のセーブをそのまま使用できるのですか。
またアニメーション系MODとも互換性はあるのでしょうか?
【作者】
↑現在のセーブをそのまま使用できますが、いくつかのステータス効果が変更されているので振りなおすことを勧めます。

互換性についてはMODの種類にもよります。基本的には同時に使わないほうが良いでしょう。

MODが機能しているか手っ取り早く知る方法はありますか?
【作者】
↑新しくキャラクターを作成したら装備にタリスマンがあるか確認して見てください。
1.03.3で動作しなくなった?
1.03.3アップデートでMODが動作しなくなりました。
↑はい、彼らはregulation.binを更新します。
ようやく昨日ゲームを攻略したのでMODを導入しようと思っていたところだったのに。
【作者】
↑アップデートによって何かが変わってはいないと思います。少なくとも私は正常動作することを確認しました。
↑Mod Engine 2は動くのですがキャラクターを作成してもタリスマンがありません。
↑私もすべてのregulation.binが同じように使えなくなっています。
【作者】
↑どうやら多くの人は動かないようですがなぜ自分の環境では動作しているのか調べてみます。