ついにきた!無料で使えるトーマスMOD【エルデンリング】

ついにきた!無料で使えるトーマスMOD

トーマスMODが無料配布される時を首を長くして待っていた皆さまお待たせしました。ついにMOD共有サイトであるNexusに公開されたので紹介します。

実はトーマスMOD自体は2週間前からすでに公開されていました。登場までのあまりの早さにツイッターでも驚きの声が挙がりご存じだった方もいるかもしれません。

ただしパトロン優先特典になっておりディスコードを使うには心理的なハードルが高く感じたと思います。今日からは誰でもダウンロードできます。

“夢"を運ぶトーマス。

今回は『ツリーガード』がトーマスに騎乗して襲い掛かってきます。冒険に夢みる多くのプレイヤーがフロム式洗礼を受けた相手としても有名です。

また主人公の霊馬トレントもトーマスに変身されています。こちらも槍を装備して立ち向かえば最狂に悪夢的な演出を見ることになるでしょう。

参考までに実際のゲーム画面がお披露目されています。意外と違和感がないことに驚きました。

MOD導入方法

必要ツール  Mod Engine 2の使い方
MODファイル  Tree Sentinel Thomas Mod
インストール場所 /ModEngine2/mod/

1) 従来のUXMでも導入できますが非常に手間なやり方で容量も圧迫されます。今後はゲームプログラムを一切書き換えないMod Engine 2をお勧めします。

2) Nexusの無料アカウントを作成後、 Tree Sentinel Thomas ModにアクセスしてMODファイルをダウンロードしてください。

3) DCXファイルはMod Engine 2の中にあるmodフォルダに格納します。ゲームを再現するためpartsフォルダを作成してください。

■.dcxファイルの格納場所
“/ModEngine2/mod/parts/c3251.chrbnd.dcx"
“/ModEngine2/mod/parts/c3251_h.texbnd.dcx

お勧めは別フォルダにて管理

Thomasフォルダ作成
Thomasフォルダ作成
“/ModEngine2/Thomas/parts/〇〇.dcx

キャラクター変身MODは気分で適用することが多いため他と混ざらないように専用フォルダを作成する方法をお勧めします。

通常はmodフォルダに格納していましたが今回はThomasフォルダを作成して完全に分離する方向で導入してみましょう。

modフォルダには普段から常用するものだけ入れてお使いください。

フォルダの優先順位を設定

メモ帳などでconfig_eldenring.tomlを開きmodsの項目を修正します。優先適用させたいフォルダを上位に記載してください。

path=指定フォルダを入力します。絶対パスでも可能ですがここでは最も簡単な方法で実行します。

デフォルト
mods = [
{ enabled = true, name = “default", path = “mod" }
]
一行追加します
mods = [
{ enabled = true, name = “Tree Sentinel Thomas", path = “Thomas" },
{ enabled = true, name = “default", path = “mod" }
]

トーマスMODを無効化したいときはenabled = truefalseに書き換えると適用されなくなります。(デフォルトのmodフォルダだけtrueを維持)

また複数の見た目変更MODを管理したい場合は行を追加してください。それぞれの専用フォルダを作成して気分によって有効無効も可能です。

海外の反応をピックアップ

使用者のコメント
ついにきましたか!
重要なMODのうち1つがElden Ring用に作成されましたね。ご苦労様です。
2022年ベストMOD賞に呼ばれる材料がここにあります。
トーマスMOD万歳!
インストールしていませんが、私を笑わせてくれてありがとう。
伝統ですね。よくやった!
個人的に使うことはありませんが、これが存在するということが大好きなんです。
このジョークはもう歳を取っている、そう思いませんか?
↑いいえ。
↑↑いくつかのジョークは何年経っても非常に良いでしょう。
↑↑↑トーマスMODはいわゆる“Hello World"みたいなものです。つまり、いいえ。
↑↑↑↑繰り返し見ているので決して面白くはありません。ただ狂気の一部になっています。
MOD使用方法が分かりません。
UXMを開きUnpackしたのちにPatchを適用します。そして.exeが配置されているGameフォルダにファイルを追加すれば良いのですか?