エルデンリングをWindows7に対応させるパッチ

エルデンリングをWindows7に対応させる裏技

エルデンリングをWindows7/8/8.1に無理やり対応させるパッチが登場しました。配布サイトではダウンロード数が2000を超えており最も人気なMODとして表示されています。

ふと気になったのでそれぞれのWindows使用率を調べてみると2022年1月時点でも合計5%近くのユーザーがWin7/8.1に残っているようです。

PC版エルデンリングの売上は分かりませんが全世界で100万人以上はプレイしたいと考えている人がいるはずです。そのため数万人はこういったパッチの需要があるのかもしれません。

Vulkanも対応?

MODを使用するにはEACを無効化してオフラインモードを維持する必要があります。Logu.jp EACを無効化する方法を参考にしてみてください。

作者によるとエルデンリングをWindows7/8/8.1上で動作可能にするだけでなくさらにVulkanも対応しているそうです。

また内蔵グラフィックを優先的に使用してしまうためNVIDIAコントロールパネルを開いて外部グラフィックを使用するように割り当てることが推奨されています。

パッチを適用して何らかの理由によりデータが破損したとしても責任は負いません。すべて自己責任でお願いします。

MOD導入方法

ここではWindows7(64ビット版)の環境を想定しています。そのため32ビット版でも動作するか分かりません

また将来的にゲームおよびMODがアップデートされて仕様が変わる可能性もあるので2022年2月27日時点のバージョンになります。

パッチを当てるまでかなり大変ですが順番に解説していきますので最後までお付き合いください。

DLLファイル準備

DLLファイル1  DXVK-async 1.9.4
DLLファイル2  VKD3D-Proton 2.3.1
インストール場所 /Steam/Steamapps/common/ELDEN RING/Game/

1) 上記サイトからdxvk-async-1.9.4.tar.gz / vkd3d-proton-2.5.tar.zstの2種類をダウンロードして解凍します。

2) 解凍したらそれぞれのx64フォルダにあるdxgi.dllおよびd3d12.dllを抽出してインストール場所に設置しましょう。

3) 続いて適当なテキストを作成しdxvk.confにリネームします。メモ帳などで開きdxvk.enableAsync = trueとだけ記入したら保存してください。

“/ELDEN RING/Game/dxgi.dll"
“/ELDEN RING/Game/d3d12.dll"
“/ELDEN RING/Game/dxvk.conf

パッチファイル準備

パッチファイル  Windows 7 Patch for Elden Ring
インストール場所 どこでも構いません。もしくは以下の場所に設置します。
/Steam/Steamapps/common/ELDEN RING/Game/

1) 上記サイトにアクセスすると[MAIN FILES]が2種類あると思います。どちらも必要なので両方ダウンロードしてください。

2) それぞれ解凍するとEDR-1-02-Win7.xdeltaおよびvkd3d-proton-2-3-1-EDR.xdeltaの2種類が表示されます。

3) これらのファイルはどこに設置しても構いませんがここではゲームのインストール場所と仮定して進行していきます。

“/ELDEN RING/Game/EDR-1-02-Win7.xdelta"
“/ELDEN RING/Game/vkd3d-proton-2-3-1-EDR.xdelta

パッチ適用ツールの使い方

パッチ適用ツール  DeltaPatcher 2.0.1
インストール場所 どこでも構いません。好きな場所から使用できます。

上記サイトからdeltapatcher_v2.0.1_win32_bin.zipをお好みの場所にダウンロードしたら解凍しておきます。

解凍したらフォルダ内にあるDeltaPatcher.exeを管理者権限で起動してください。それではいよいよパッチを適用します。

Delta Patcher
Delta Patcher

最初はゲームファイルにパッチ適用

最初はゲームファイルにパッチを適用します。[Original files]から/ELDEN RING/Game/eldenring.exeを選択してください。

[XDelta patch]は先ほどダウンロードした/ELDEN RING/Game/EDR-1-02-Win7.xdeltaを指定します。

指定先を設定したら[Apply patch]を選択してパッチを適用しましょう。

続いてDLLファイルにパッチ適用

次はDLLファイルにパッチを適用します。[Original files]から/ELDEN RING/Game/d3d12.dllを選択してください。

[XDelta patch]は先ほどダウンロードした/ELDEN RING/Game/vkd3d-proton-2-3-1-EDR.xdeltaを指定します。

指定先を設定したら[Apply patch]を選択してパッチを適用しましょう。

パッチを適用するとWindows7/8.1でも動作するそうですが、動いた報告と同じぐらいクラッシュ報告もあるため不安定なのかもしれません。今はまだ様子見を勧めます。

海外の反応をピックアップ

使用者の感想
ヤバイもん作りよったな!
Vulkanは非常に安定しておりDX12のひどいパフォーマンスや不具合が発生しません。ゲームをクラッシュさせることなく機能しているのでまさしく金メダルです。
↑これはWindows10でもVulkanでプレイできるということですか?
↑Vulkanに対応しているグラフィックボードを使用しているならVKD3D-Protonパッチのみ適用すれば使えるはずです。
インストールをもっと簡素化したパッケージを用意して欲しいです。難しすぎて私には導入方法が分かりません。
えーと、適用方法がよく分かりませんがWindows7で動作するということで合ってますか?
↑はい。ですが私の環境ではプレイできません。白いエラー画面が表示されてクラッシュします。
↑↑そうですね。GTX760で試しましたが機能しません。PS4版に乗り換えるときがきたようです。
パッチを適用したらゲーム起動時にクラッシュします。Radeon R9 280Xを使用しています。
↑同じく。
↑↑私も280Xですが白い画面が表示されてクラッシュします。修正を期待。
Windows10環境でVulkanを使用したいのですがMODを使うことができますか?
↑はい。Windows7用以外のパッチを当てれば実行できます。私はシェーダーキャッシュのスタッターを修正するために導入しました。
ゲームを実行しようとすると数秒後に白い画面が表示されてクラッシュします。どなたかアイデアありますか?
GeForce 2060 Superを使用しておりOSはWindows 8.1です。
↑NVIDIAのドライバーはどのバージョンを使用していますか?
どうしてダウンロード数が2000を越えているんですか?Windows7は2年前に保守期間を終了しました。それにWindows10は2015年から発売されています。
↑一部の人がWindows7を愛用している理由は知っていますが馬鹿げています。正直なところLinuxディストリビューションに移行してWindows 7 VMをエミュレーションしたほうがはるかに賢明です。
↑Linuxはとても良い考えですね。Windows7から乗り換え先を考えている唯一のOSです。これ以上マイクロソフトを使用したくありません。