FF7リメイクを簡単にウルトラワイド化させる方法

FF7リメイクを簡単にウルトラワイドに対応させる方法

FF7リメイクをウルトラワイドに対応させる方法は以前からありますがややこしい作業が必要になり非常に面倒でした。今回紹介する方法は誰でも簡単にウルトラワイド化できます。

さらにカメラの視野角(FoV)を調整したりビネット効果を除去する機能も搭載されています。評判の悪い動的解像度も無効化できるため取りあえず導入しておいて損はありません。

ただこちらの欠点はイベントなどのムービーシーンで画面上下がスパっと切れてしまうことです。通常のゲームプレイは問題ないだけにあと一歩惜しい…。

Flawless Widescreen導入

必要ファイル  Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ
MODファイル  Flawless Widescreen
インストール場所 お好みの場所にインストールしてください。

ツール配布サイトFlawless Widescreenにアクセスしたらページ下の方にスクロールしてDownload Flawless Widescreenを見つけてください。

全部で4種類の項目がありますが基本的には左上のx64 Installer Package (Recommended)を使用することが推奨されています。

もしツールをインストールすることに不安を覚える場合は右上のポータブルバージョンでも構いません。どちらも機能面には変わりなく使用できます。

設定方法

インストールしてから最初に起動すると規約ウィンドウが表示されます。読んだ振りをしながら10秒待機して[I Agree]を押してください。
※クリックしてすぐ音量注意です

その後は以下の画像のようなメッセージが表示されますが[いいえ]を押して先に進みましょう。
[はい]を選択した場合は自動アップデートやホットキーなどカスタマイズできます。

プラグイン導入

Flawless Widescreenは多くのゲームに対応していますがまずはFF7リメイク専用のプラグインを導入しなければなりません。

Search Plugins…
Search Plugins...

上記画像を参考にウィンドウ左上にある[Search Plugins…]からFFと入力してください。FF VII Remakeのリストを目で探すよりワード検索したほうが楽だと思います。

するとツリーにはFF VII Remakeのみ表示されるのでクリックします。自動的にプラグインがインストールされますのでしばらくお待ちください。

ウルトラワイド以外の便利機能

FF7リメイクを簡単にウルトラワイドに対応させる方法

上記画像のようなFF7リメイク専用画面が表示されたらプラグインのインストール成功です。自分好みに調整しましょう。

あとは通常通りEpic Gameランチャーからファイナルファンタジー7リメイクを立ち上げれば自動的にゲームを認識してくれます。

またウルトラワイド以外にも便利な機能が様々搭載されているのでいくつか紹介します。

FoV調整や動的解像度の無効など

FOV Fine adjustment
FOV Fine adjustmentからカメラ視野角を調整できます。戦いやすいカメラポジションに設定しましょう。

Vignette Strength
Vignette Strengthからビネット効果を除去できます。ビネット効果とは画面の周囲を暗くするエフェクトのことです。

Dynamic Resolution Scaling
Dynamic Resolution Scalingから動的解像度の調整ができます。動的解像度とはゲームが重いときにフレームレートを維持する代わりに解像度を下げる機能のことです。

この機能がONになっている時は重い場面になると自動的に画質が低下してボヤけます。個人的には画質重視派なので多少カクついても動的解像度は無効化しています。