6月30日13:00ついにサンブレイク解禁!アップデートに備えてMODを安全に解除する方法

ゲーム内で現実のお金を稼ぐ『ブロックチェーン革命』の時がきています

『ブロックチェーン』で現実のお金を稼ぐゲーム革命の時がきています

ゲーム業界によると将来的にブロックチェーンゲームが主流になると予想されています。『ブロックチェーン』とは例えばビットコインのような暗号通貨のことで実際のお金を稼ぐことができます。

ネットゲームプレイヤーならRMTという言葉に聞き覚えがあることでしょう。これはニュアンスが違いますが方向性としては近いと考えて構いません。

そして公式によって実装されたいくつかのブロックチェーンゲームは海外で話題を呼んでいます。

プレイヤー側は賛否両論

ゴーストリコンブレイクポイントやSTALKER2のようなAAAゲームが初めてブロックチェーン/非代替性トークンの実装を発表したときに、どちらもゲーマーから普遍的な軽蔑に直面した経緯がありメーカーは計画が早すぎたと実装を見送っています。

過去数週間においてブロックチェーン関連の話題が尽きることはありませんでした。マイクロソフトゲーム開発責任者を含め他の著名な業界関係者も会議に参加して、ゲーム業界の潜在的な実装について興奮しながら話し合いを行っています。

ブロックチェーンゲームの実装はあまりにも搾取的だと呼びかける開発者もいれば、将来的にゲーマーはゲームをプレイしながら本当のお金を稼ぐことができるようにすべきだと革命を促す開発者もいます。

スクエニ社長はブロックチェーンを支持

スクウェア・エニックス ヘッダー画像

スクウェア・エニックスの社長によって公式サイトに投稿された新年のあいさつで彼なりの見解を表明しました。

VRゲームテクノロジーの進歩、クラウドや5Gの普及、より洗練されたブロックチェーンテクノロジー、そして様々な分野で培われた他のテクノロジーが進化したことによってメタバース(仮想空間)の成長へと繋がりました。

メタバースと同様に急速に普及した別の言葉はNFT/非代替トークンです。ブロックチェーン技術を採用したテクノロジーの出現によりデジタル商品の流動性が大幅に向上して世界中で話題になっています。

2021年は急速に拡大するブロックチェーン市場に出会った年であることから「メタバース1年目」ではなく実際は「ブロックチェーン1年目」と言えるかもしれません。

両立を目指してゲーム開発中

懸念はあります。提供されているコンテンツの価値に関係なくデジタル商品の過熱したトレードの例をあちこちで拝見します。これは明らかに理想的な状況とは言えませんが最終的には正しくなるでしょう。

クラウドテクノロジーを活用したコンテンツ配信はもちろんのこと、ブロックチェーンを取り入れてプレイヤー自身がコンテンツを提供することにより自立したゲームの成長に繋がる可能性を秘めています。

「楽しむために遊ぶ」伝統的なゲームと「プレイして貢献する」ことにモチベーションを保つプレイヤー。どちらにも耳を傾けて多くの人が幸せになれるビジネスに貢献していきたいと考えています。

海外の反応をピックアップ

海外の反応
NFTはゲーム業界の次の仕掛けになると思います。モーションコントロール、3DTVゲーム、クラウドがあったことを覚えておいてください…。実際のお金を稼ぐために良いゲームを作ることを願っています。
↑3DTVとモーションコントロールはVRに進化しました。Quest 2はXboxシリーズX/Sの合計よりも多くのユニットを販売しました。だからあなたはXboxをリストに追加するのを忘れたのです。
彼らが行うすべての人への永遠の裏切りと欺瞞は常にたった1つの嘘から始まります!

スクウェア・エニックスとクリスタルダイナミクスは、マーベルのアベンジャーズプログレッションブーストを販売することでプレイヤーの信頼を破壊しました

スクウェア・エニックソ
R.I.P.
↑私は非常に迷惑で熱狂的なFF XIVプレイヤーを心から笑っています。WoWプレイヤーでもありません。
とてもハッピーエンドになるようには思えません。
↑SEが再び馬鹿にされるなら私たちは彼らを笑うことができます。
↑彼らがXIVに入れ込むことを見るのは面白いでしょう。座って混沌を楽しめるように、彼らがそうなることを願っています。
最後に買ったゲームはスクエニでしたがもう買わないでしょう。スクエニはもう死にました。ドラクエが凄く好きだったのに残念です。
「お金を稼ぐためにゲームをする」なんていう正気を疑う戯言を認めますか!?
↑ここ10年間で数百万人がゲーム配信でお金を稼ごうとしています。
そして多くの人がCSGOのようなゲームでアイテムを現金と交換してきました。またはTF2のようなゲームのMODやスキンを販売する人々もいます。
ゲーマーが何か感じたとしてもそれは需要と供給の問題です。誰もNFTを利用しないならNFTは表示されなくなるでしょう。しかし人気を博した場合はそこら中で利用されます。

STALKER2のような小さな開発スタジオを怖がらせるには少ない否定的なツイートで十分でしたが、Call of DutyやFIFAのような大規模フランチャイズがNFTの販売を行うとどうなるのか、見てみましょう。

↑欧州連合は本質的にギャンブルであるNFTに満足しないだろうと思います。
↑疑わしい。EUの官僚は明らかにギャンブルの形態であるルートボックス(いわゆるガチャ)の処遇について決定していません。それらの調査をまだ2~3年かけて行っているのです。
ああ、これはとても悪いニュースだ。
ドラゴンクエストのゲームは絶対に変えないでください。
これはスクエニが制限の強いSteamでゲームを販売できなくなることを意味しており、今後はEpic Gamesに移動する必要があります。

Epic Gamesでは好きにゲームを販売でき、開発の自由があります。もちろんブロックチェーンでもね。
※Steamではブロックチェーンゲームの販売が禁止されています