Intelゲーム最適化機能APOは第12世代CPUにも適用される

APOは当初Raptor Lake Refresh専用だった

Intelが開発中のアプリ最適化機能APO「Application Performance Optimization」はゲームパフォーマンスを最大30%向上させる画期的なテクノロジーとして注目されます。

これはEコアを効率的に利用できる機能になりスモールコアと相性の悪いゲームにおいて真価を発揮します。PCゲーマーには欠かせない興味深いテクノロジーになるかもしれませんね。

当初はRaptor Lake Refresh専用だった

APOはゲームに限らず様々なアプリケーションを高速に動作させますが、当初は第14世代のみサポートし進化が少ないRaptor Lake Refreshにとって目玉機能となる予定でした。

しかし同じくGracemontコアを搭載している第12世代や第13世代ユーザーからの反発もあり、今回の公式発表によりAlder LakeおよびRaptor Lakeも適用されることが明らかになりました。

📌Kモデルのみ?
多くのPCゲーマーにとって朗報になりますが今のところアンロックされたKモデルのみ対象にしており将来的にNon-Kモデルまで拡張されるかは分かりません。

シリーズ コードネーム アーキテクチャ
第14世代 Raptor Lake Refresh Eコア (Gracemont)
第13世代 Raptor Lake Eコア (Gracemont)
第12世代 Alder Lake Eコア (Gracemont)

対象となるゲーム

APOはノートPCも対象となる
ノートPCも対象となる

CES 2024にて新たにサポートタイトルが発表されMarvel’s Guardians of the Galaxy, F1 22, Strange Brigade, World War Z, Dirt 5, World of Warcraftなど14種類が含まれます。

ゲームでは最大32%のパフォーマンス向上効果がありますが多くの場合はその数値に届きません。使用しているCPUやタイトルによって異なる点に注意してください。

📌BIOSアップデート
既存CPUからAPO機能を適用するにはBIOSアップデートが必要になり600および700シリーズのチップセットが対象になります。

にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ   にほんブログ村 ゲームブログ MOD・ゲーム改造へ

CPUCES 2024

Posted by Logu