6月30日13:00ついにサンブレイク解禁!アップデートに備えてMODを安全に解除する方法

IntelはCES2022から撤退します

IntelはCES2022から撤退します

Zen3+やZen4を発表するAMDに対してIntelはどう対応してくるのか楽しみにしていただけに残念です。(ネット上では情報配信を行うみたい。)

今回の撤退はもちろんコロナの影響です。日本と違い海外では感染者が急増して大変なことになっています。

健康上のリスクを配慮

IntelはCOVID-18症例の急増によってCES2022から撤退することを決定しました。

『従業員、パートナー、顧客の健康と安全は常に最優先事項です。保健当局とも協議した結果、Intelの安全方針の精神に基づいてCES計画はデジタルファーストに移行します。』

『最小限のインターネットスタッフによるライブ体験。すべてのCESコンテンツとエクスペリエンスをニュースルーム経由で提供します。ぜひご参加ください。』

Intelは常にCESで大きな存在感を示しており、その半導体を使用したコンピューターやテクノロジーを製造する多くのメーカーをサポートしています。

他企業も続々と撤退

過去数日間においてCESに直接参加しないことを決めたメーカーは他にもあり、Amazon、T-Mobile、Lenovo、AT&T、Waymo、Facebookである現Meta、およびその他の出展者を半導体メーカーはフォローしています。

デルタおよびオミクロンの亜種によるCOVID-19症例の急増によってCESに関連するさまざまなイベントが抑制されました。

ショーがどうなるかは確定できませんが、現段階では2022年1月4日から1月8日まで実行される予定です。

本当の理由は?

CES主催者は参加者にワクチンを義務付けており検査を推奨しています。同社は、特定のバッジピックアップエリアで参加者に迅速なテストを提供できるようです。

『COVID-19よりも半導体不足によってキャンセルを引き起こしているのだろう。』
CES会長は語ったが、ほとんどの企業はキャンセルの理由として健康リスクを挙げています。