2023年2月8日23:00から2時間ほどサーバーメンテナンスが入るため繋がりにくくなります。

次世代ノートCPU『Raptor Lake』のスペックがリーク

次世代ノートCPU『Raptor Lake』のスペック

次世代ノートパソコンに搭載される『Raptor Lake』のスペックがリークされました。インテル第13世代Core i9-13900HXは最大5.4GHzクロックで動作し24コア積んでいるようです。

現行機Intel Core i9-12900HXは最大5.0GHzの16コアで動作するためクロック/コア数ともに大きく進化したことが分かります。ベンチマークを見るのが今から楽しみです。

もはやノートパソコンの領域を超えたとんでもないスペックに仰天しています。プライベートも仕事もなんでもノートPCで済ませられる時代が来るのかもしれません。

インテル第13世代CPUラインナップ

ノート向けCPUアーキテクチャコア数基本クロック最大クロックGPUTDP
Core i9-13900HXRaptor Lake24 (8+16)3.9 GHz5.4 GHz32 EU55 W
Core i7-13700HXRaptor Lake16 (8+8)3.7 GHz5.0 GHz32 EU55 W
Core i5-13650HXRaptor Lake14 (6+8)3.6 GHz4.9 GHz32 EU55 W
Core i5-13500HXRaptor Lake14 (6+8)3.5 GHz4.7 GHz32 EU55 W
Core i3-13450HXRaptor Lake12 (6+4)3.4 GHz4.6 GHz32 EU55 W
Core i9-13900HKRaptor Lake14 (6+8)5.4 GHz96 EU45 W
Core i7-13700HRaptor Lake14 (6+8)5.0 GHz96 EU45 W
Core i7-13620HRaptor Lake45 W
Core i5-13500HRaptor Lake12 (4+8)45 W
Core i5-13420HRaptor Lake45 W

これらのCPUスペック情報はTwitter@Raichuさんによってリークされており、まだ全てが明らかになったわけではありません。

Core i9-12900HXと比較するとコア数が16→24に、周波数も5.0GHz→5.4GHzに進化しています。さらにキャッシュの増加、高速メモリのサポートによって大幅パワーアップ。

メモリについてはDDR5-5600に対応したことでさらに高速化が可能になりました。また、DDR4-3200サポートを兼ね備えている点もRaptor Lakeの魅力と言えます。

これらのCPUは今年の末からノートパソコンに採用される見込みであり、インテルグラボArk A7シリーズやGeForce RTX 3000シリーズを搭載して最高のゲーミングPCになることが期待されます。

[おまけ] デスクトップ vs ノートパソコン

インテル最強決定戦 2022年11月版Cinebench R23 Multi-Core
Core i9-13900KFRaptor Lake
39,556
Core i7-13700KFRaptor Lake
31,062
Core i9-12900KFAlder Lake
27,472
Core i7-12700KFAlder Lake
22,812
Core i9-12900HXAlder Lake
18,845
Core i7-12700HAlder Lake
16,745
Core i9-12900HAlder Lake
16,555

デスクトップ版はすでにRaptor Lakeが発売されていますので参考までに旧世代からからどれぐらいパフォーマンスが向上したのか比較してみました。

グラフを並べてみるとCore i7とi9どちらともマルチ性能が40%向上しており、Alderの時と同様に今回のRaptorもまた凄まじい成長を遂げています。

ノートPCでは消費電力や熱問題の関係でどこまで性能が上がるか未知数ですがデスクトップと同じく40%以上パフォーマンス向上してくれることを期待しています。

にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ   にほんブログ村 ゲームブログ MOD・ゲーム改造へ   にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ