Fluffy Manager 5000の使い方とPAKファイル変換方法

Fluffy Manager 5000の使い方

『Fluffy Manager 5000』のインストール方法やPAKファイルの作り方を紹介します。導入するとモンハンライズに限らず多くのCAPCOMゲームのMODを管理できるようになります。

REFramework連動型のようにファイルを設置するだけでは機能しません。少々手間はかかりますが見た目変更MODを適用させるなら必須のツールです。

またPC環境によってはFluffy Managerがうまく動作しない報告も耳にしており後述するPAK化ツールも合わせてお試しください。

■MOD導入の下準備
1 セーブデータのバックアップ
改造すると公式サポートは受けられなくなります。不具合が生じても自己責任であることをご理解の上で導入してください。
C:/Program Files (x86)/Steam/userdata/[ユーザーID]/582010/remote
2 Nexus Modsのアカウント登録
多くの改造ファイルはNexus Modsから公開されています。このサイトはダウンロードするためにアカウントが必要なので登録方法と使い方を紹介します。
3 前提MODの導入
モンハンライズにMODを適用するには前提ツールをいくつかインストールする必要があります。一覧にまとめてみました。

管理ツール導入方法

管理ツール Nexus mods Fluffy Manager 5000
インストール場所 どこでも構いません。任意の場所から起動できます。

1) Modmanager.exeを起動すると最初に[Choose game]画面が開かれます。M行にあるMonster Hunter Riseを選択してください。

2) 次に画面右に表示されるDefine game pathからモンハンライズのexe実行ファイルを選択してください。

3) ひとまずの下準備はこれで完了しました。一旦Fluffy Managerを終了してください。

Fluffy Manager 5000フォルダ内にGamesフォルダが作られていることを確認してください。さらにGamesフォルダを開いて中にMHRISEフォルダも作成されていれば下準備は完了しています。

それでは試しに2B(NieR:Automata)のMODを入れてみましょう。

2B MODを入れてみる

MODファイル Nexus mods 2B
インストール場所 “/Fluffy Manager 5000/Games/MHRISE/Mods/"

ここでは試しに受付嬢を2Bに変身させてみます。リンク先からHD-2B-Handlerを探してダウンロードしてください。

もしZIP圧縮されている場合は解凍するかRAR圧縮にする必要があります。※Fluffy ManagerはRARのまま読み込むことが可能です。

■見た目変更MODの設置場所
“/Fluffy Manager 5000/Games/MHRISE/Mods/[ここにMODファイル設置]

Fluffy Manager 5000を再び起動して[Mod List]を選択すると2BのMODが表示されるはずです。ONにしたらゲームを起動してみましょう。

PC環境によるものか分かりませんが動かない報告も多数受けています。以下に紹介するPAKファイル化を試してみてください。

MODをPAKファイルに変換する

Fluffy Manager 5000が上手く動作しないときはゲームフォルダに配置するだけのPAKファイルに切り換えることもできます。

ここでは一例として受付嬢を2Bに変身させるModを使用します。

PAK化ツール RisePakPatch.zip
MODファイル Nexus mods 2B変身MOD
インストール場所 どこでも構いません。

上記URLからPAK化ツールを好きな場所にダウンロードして解凍してください。
続いてNexus mods 2B変身MODからHD-2B-Handlerをダウンロードし、解凍したらRisePakPatchフォルダ内に格納します。

使用する解凍ソフトによっては自動的にフォルダが作られることがあります。二重フォルダにならないように注意しましょう。

PAK変換開始

RisePakPatchフォルダ内
RisePakPatchフォルダ

RisePakPatchフォルダ内は上記画像のようになると思います。HD-2B-Handlerフォルダをクリックしたままbuild-pak-patch.batにドラッグしてください。

メッセージがズラリと流れて最後に[Press Enter to exit]と表示されたら成功です。Enterキーを押して終了します。

するとフォルダ内にre_chunk_00x.pak.patch_00y.pakが作られますので00xや00yの部分を000にリネームしましょう。

その後はPAKファイルをゲームフォルダに移動すればインストール完了です。もし同じファイル名が存在するときはpatch_000.pakの数字部分を001や002に変更します。

■PAKファイル設置場所
“/MonsterHunterRise/re_chunk_000.pak.patch_000.pak


■リネームの一例
re_chunk_000.pak.patch_001.pak
re_chunk_000.pak.patch_002.pak
re_chunk_000.pak.patch_003.pak

ゲームアップデート時の注意点

Fluffy ManagerをONにしたままゲーム本体をアップデートしようとすると弾かれることがあります。あらかじめMODをすべてOFFにしてから更新作業を行ってください。

またアップデートされるとMODもしくは管理ツールが動かなくなることがあります。そのときはMOD製作者が対応するまでしばらくお待ちください。

海外の反応をピックアップ

使用者の感想
MHRise正式版が販売されたので新しいバージョンをアップロードしました。残念ながらいくつか暗号化されており解析完了するまでMODは作成されないかもしれません。
ゲームが発売されたその日にサポートですか!すばらしすぎます。
↑ゲームのアセットが暗号化されているのでMOD開発者たちが本格的に動き始めるまでしばらく時間はかかると思います。
.CTファイルもこれで使用できますか?
↑いえ、CTファイルはCheat Engineが必要です。

“Error: Could not load any valid PAK files"
“Mod install failed: Game archives are not scanned. Press re-read game archives."

これらのエラーが表示される場合はどうしたらいいですか?

↑同じエラーです。
↑最新バージョンはだめですが古いバージョンではPAKエラーが発生しないようです。
CAPCOMがゲームをアップデートした影響によるものです。Fluffy Manager 5000を更新してMHR最新版に対応しました。
Windows Defenderからトロイの木馬として警告されます。
↑誤検出なので気にしなくていいですよ。
これはREFrameworkと干渉しませんか?どちらも使いたいです。
↑最後に確認したのは何日か前になりますが問題ないはずです。
こちらの管理ツールを使用してPAKファイルの番号を自動で変更するようにできませんか?000以外はすべて手動で変更する必要があり地味に大変です。