PAKファイルからFluffy Managerバージョンに変換する方法[MHRise]

PAKファイルからFluffy Managerバージョンに変換する方法

モンハンライズにグラフィック/サウンド変更MODなどを適用させるときは『Fluffy Managerバージョン』もしくは『PAKバージョン』からお好みの方を選択していたと思います。

PAK版は設置するだけで自動的に読み込んでくれるため誰でも簡単にインストールできるのが強みです。ただし導入数が多くなるとファイル名から中身が分からなくなる弊害がありました。

そこでPAKファイルの中身が何だったか調べたり特定ファイルだけ抽出したり、もしくはFluffy Managerバージョンに変換することもできるツールを紹介します。

MODインストール方法

MODファイル Nexus mods MHRUnpack
インストール場所 お好みな場所にインストールしてください

(1) Nexusの無料アカウントを作成後、 MHRUnpackにアクセスしてMODファイルをダウンロードしてください。

(2) 外部ツール型MODなのでゲームディレクトリに限らずどこからでも起動できます。普段使いやすい場所にインストールしてお使いください。

(3) Fluffyバージョンに変換したいPAKファイルを用意しましょう。re_chunk_000.pak.patch_001.pak

使用方法

MHRunpackのフォルダ内
MHRunpackのフォルダ内

先ほどダウンロードしたMHRUnpackを解凍すると中にはMHRUnpack.exeがあると思います。そのままダブルクリックして起動してください。

ツールを起動できたら中身を変換したいPAKファイルを用意します。PAKファイルを読み込ませるにはツールの画面上に直接ドラッグ&ドロップしてください。

ここでは一例としてLogu.jp バフアイテムの効果時間を20分にするMODのPAKバージョンをFluffy Manager用に変換していきます。

ドラッグ&ドロップ

PAKファイル読み込み完了
PAKファイル読み込み完了

ドラッグ&ドロップを行い読み込みに成功すると上記画像のようにフォルダ構成が表示されます。

ここからファイル一部のみ抽出したい場合はuser.2ファイルにチェックを入れてください。
Fluffy Managerバージョンに変換する場合は最上位のnativesにチェックを入れます。

チェックが完了したらツール右下に表示されているExtractをクリックすればファイルを展開できます。

展開先を選択

チェックが完了したらExtract
チェック完了したらExtract

最上位にチェックを入れた場合はnativesフォルダが出現します。後はFluffy Manager 5000もしくはFirst Nativesを用いてMODを適用することができます。

現在はファイルを抽出する機能だけ使用できますが、将来的に複数のPAKファイルを統合できる機能も搭載されると思います。

※サンブレイク非対応のMODを修正するときにも役立つツールです。作者が戻って来なさそうな場合は自力で編集しましょう。