敵のデバフ残り時間を表示する方法[MHRise]

敵の状態異常ステータスを表示する方法[MHRise]

モンハンライズにはさまざまな状態異常(デバフ)が存在しており、火力を求めるよりもそれらを好んで使用するハンターさんもいらっしゃると思います。

一般的に感覚を頼りに時間を計りますがもし敵にかかっているデバフの残り時間を見ることができたら凄く便利になります。そんな思いを叶えてくれるMODが登場しました。

残り時間が一目でわかります

毒状態 残り11.7秒
毒状態 残り11.7秒

こちらのMODを導入するとモンスターに蓄積された毒/麻痺/睡眠/気絶を含むさまざまな状態異常を表示することができます。

あと何秒で効果時間が切れるのかタイマーも表示されておりデバフ愛好家にはたまらない仕上がりになっています。また各種デバフの表示/非表示を設定できるUIも兼ね備えています。

※使用者の報告では高いフレームレート環境ではゲームパフォーマンスが低下することがあるそうです。

MOD導入方法

必要ファイル Nexus mods REFramework
MODファイル Nexus mods Status Bars
インストール場所 “/Steam/Steamapps/common/MonsterHunterRise/"

1) 必要ファイルREFrameworkをダウンロードして解凍したらdinput8.dllをMonsterHunterRiseフォルダに移動してください。

2) dinput8.dllの設置が完了しましたら一度ゲームを起動します。必要なフォルダが自動的に作成されており起動画面が表示されてからすぐに終了して構いません。

3) 続いてMODファイルStatus Barsをダウンロードします。解凍したらautorunフォルダごとインストール場所にあるreframeworkに格納してください。

参考までに以下のようなフォルダ構造になっていれば導入成功です。

■必要ファイル
“/MonsterHunterRise/dinput8.dll

■デバフタイマーMOD
“/MonsterHunterRise/reframework/autorun/status_bars.lua

海外の反応をピックアップ

使用者の感想
非常に有能なMODをありがとうございます!これは状態異常に特化した装備を検証するときに助かります。
モンスターのHPやダメージも一緒に表示できるバージョンをお願いします。
こちらのMODを導入してからゲーム中にスタッター現象が発生するようになりました。他のスクリプトは使用していません。
↑計算に時間がかかってフレームに遅れがでているのかもしれません。更新頻度を遅らせてみてください。
もしくは高いフレームレートの場合は遅くなる可能性があります。
↑試してみましたがうまく行きませんでした。機能は問題なく動作していますがクエスト以外の関係ないタイミングでもスタッター現象が起きています。
私の環境ではFPSが20~30低下しました。他のMODも使用しているためこれが原因かどうかは断定できませんが今は使用を中断しています。
↑私も同じ問題が発生しています。通常は100FPS以上を表示しますがスクリプトを導入すると60FPSにロックされたかのように遅くなります。
↑同じことを言うためにここにきました。私も同様にFPSが低下しています。
こちらのMODが持つアイデアは素晴らしいのでパフォーマンス低下が改善されるまで様子見しようと思います。
使用できません。パフォーマンスが悪くなりました。
他のMODをすべて排除して検証してみたところクエスト中はFPSが140→65に低下しました。狩りが終わって街へ戻ると140FPSに復活します。
GitHubからダウンロードした最新のREFrameworkにするとこちらのスクリプトが表示されないようです。
60FPSでプレイしている場合は特に影響もありませんが144Hzにすると非常に激しくドロップしたゲーム画面になります。

より高いフレームレートではスタッターが発生する可能性があると仰られた通りです。この情報が少しでも役立つことを願っています。

MHRiseCAPCOM

Posted by Logu