2月24日 いつからか不明ですがトップページだけ繋がらなかったみたいです。修正完了しました。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型)

2021年02月24日

ニッセイの購入・換金手数料なしシリーズ

名前のとおりすべて無料で信託報酬も低いニッセイの購入・換金手数料なしシリーズです。低コストインデックスファンドの先駆けとして真っ先に思い浮かぶのはニッセイでしょう。お世話になった人も多く今も低コスト化に余念がないため安心して長期保有することができます。

投資先に迷ったら有名どころを全部買っちゃえ

<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型)はその名の通り株式/債券/リートの8資産を均等に12.5%ずつ保有するファンドで日本や新興国の比率が大きくなるため安定よりは積極的に資産を増やす目的で購入します。

また、代表的な資産をすべて含む8資産均等型は何かと比較対象に使われやすいファンドでもあります。

投資対象 指数 割合
株式 (37.5%)
国内株式 TOPIX(東証株価指数)(配当込み) 12.5%
先進国株式 MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース) 12.5%
新興国株式 MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み、円換算ベース) 12.5%
債券 (37.5%)
国内債券 NOMURA-BPI総合 12.5%
先進国債券 FTSE世界国債インデックス(除く日本、円換算ベース) 12.5%
新興国債券 JPモルガン・エマージング・マーケット・ボンド・インデックス・プラス(除くB格以下)(円換算ベース) 12.5%
リート (25%)
国内リート 東証REIT指数(配当込み) 12.5%
先進国リート S&P先進国REITインデックス(除く日本、配当込み、円換算ベース) 12.5%

※2021年1月12日

  • 購入手数料: 無料
  • 解約手数料: 無料
  • 信託報酬: 0.159% (税抜き)
  • 純資産総額: 31.7億円
  • 設定日: 2018年2月13日
  • 運用会社: ニッセイ アセットマネジメント株式会社
  • 販売会社: 様々な銀行やネット証券で売買可能

バランス8資産均等のリターンはどうなの?

基準価額チャート(2018/02/13~2021/01/12)
バランス8資産均等のチャート
公式サイト:<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型)

設定来リターンは18.04%でおおよそ年利回り6.2%になります。2020年3月にコロナショックで暴落しても意外とリターンを高く保っているようですね。最大25.17%下落して基準価額が戻るまで10ヶ月を必要としました。

他にも8資産均等のバランスファンドはいくつかありますが同期間で区切ったチャートではほとんど差がありません。使用している指数の違いや運用のうまい下手はありますが誤差の範囲です。

均等型はどうしても新興国比率が高くなるためバランスファンドというほどのクッション効果は少なくなり値動きは激しくなります。
分散したことが良い結果を生むかどうかは神のみぞ知る…どの資産が値上がりするか分からないからすべての資産を購入すれば一つは波に乗れるだろうという大雑把な投資法でもあります。

リートには分散効果あり、だが…

バランスファンドはそれぞれ違いがあり株式/債券の比率のほかにはリートを含むかどうかです。

一般的にリートを含んだ方がリバランス効果があると言われており最近では6資産や8資産も珍しくありませんが、均等分散という性質上25%はやや比率が高めな印象を受けます。

上記のチャートではグラフの高さを狭めた作りによって安定したなだらかな走りを見せてくれましたが、実際は先進国リートも国内リートも低空飛行でしたから大きく影響を受けました。※もちろんリートが絶好調で牽引してくれることもあります

様々なバランスファンドが増えた今となっては8資産均等は好んで買うものでもないように思えます。

インデックス投資に詳しくなれる解説本
お金は寝かせて増やしなさい
お金は寝かせて増やしなさい
徹底した個人投資家の目線でプロに負けない、いやプロと互角以上に戦えるインデックス投資の始め方から終わらせ方まで世界一わかりやすく解説したのが本書。
インデックス投資は勝者のゲーム
インデックス投資は勝者のゲーム
その戦略とは、S&500のような広範な株式市場のインデックスに連動する投資信託を極めて低いコストで取得し、保有し続けるということである。
ウォール街のランダム・ウォーカー
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第12版>
アクティブファンドの長期リターンが市場平均を下回ることを証明し、「猿がダーツで選んだポートフォリオを運用するのと等しい」とこき下ろすあたりは読んでいて痛快かつ明快である。