2023年2月8日23:00から2時間ほどサーバーメンテナンスが入るため繋がりにくくなります。

NVIDIA GeForce RTX 4070 Tiの価格発表 日本では15万円からスタート!

NVIDIA GeForce RTX 4070 Tiの価格発表

NVIDIA CES2023にて『GeForce RTX 4070 Ti』のゲーミング性能および価格が発表されました。希望小売価格は799ドルに設定されリークで報じた価格から100ドル安くなります。

ゲーミング性能の発表では旧世代RTX 3090 Tiを大きく超えるグラフが掲示されており、特にDLSS 3使用時は最大3倍のパフォーマンスがあるようです。

またワットパフォーマンスも非常に優れていることが分かりました。GeForce RTX 4070 TiはRTX 3090 Tiに対してほぼ半分の消費電力ながらも上記の性能が出せるわけです。

※発売開始は2023年1月5日から

以下CES2023詳細

■公式発表のスペック
グラボGeForce RTX 4070 TiGeForce RTX 3070 Ti
(比較用)
GPUAda Lovelace AD104-400Ampere GA104-400
プロセスTSMC 4NSamsung 8nm
CUDA76806144
TMUs / ROPs240 / 80192/ 96
Tensor / RT Cores240 / 60192/ 48
基本クロック2310 MHz1575 MHz
最大クロック2610 MHz1770 MHz
FP32性能40 TFLOPs22 TFLOPs
RT性能82 TFLOPs42 TFLOPs
メモリ容量GDDR6X 12GBGDDR6X 8GB
メモリバス192-bit256-bit
メモリ速度21.0 Gbps19.0 Gbps
帯域幅504 GB/s608 GB/s
TGP285W290W
価格799ドル599ドル

■RTX 4070 Ti vs RTX 3080: ゲーミング性能および消費電力
RTX 4070 Ti vs RTX 3080: ゲーミング性能および消費電力

■RTX 4070 Ti vs RTX 3090 Ti: ゲーミング性能
RTX 4070 Ti vs RTX 3090 Ti: ゲーミング性能

ゲーミング性能の発表ではGeForce RTX 4070 Tiの優秀さが際立つようなグラフが用意されています。これはレイトレおよびDLSS3を適用しており、さらに新しいRTオーバードライブモードも使用。

注意すべき点はDLSS3がRTX4000シリーズでしか利用できず、これらのグラフは単純な性能比較ではないことです。1月5日以降のユーザーベンチマークを待つことをおすすめします。

■消費電力の比較
消費電力RTX 4070 TiRTX 3080RTX 3090 Ti
アイドル時12W21W16W
動画再生時20W27W26W
ゲーム平均226W340W398W
TGP285W350W450W

ゲーミング性能はさておき消費電力は非常に優秀なことが分かります。プロセスノードをSamsung 8nmからTSMC 4Nに更新しゲームプレイ時の平均消費電力が大幅に削減されました。

RTX 4070 TiとRTX 3090 Tiの消費電力差は172Wにもおよび、仮に毎日休まず4時間ゲームをプレイすると仮定した場合、1年後には7700円の電気代の差が生まれます。

電気代が高い日本においてワットパフォーマンスは重要視される要素の一つです。もちろんグラボ自体の価格も安いことが大前提であり、RTX 3090 Tiを超える性能があるならばですが。

大きな問題、日本での販売価格は高め

GeForce RTX 4070 Tiの希望小売価格799ドルは思ったほど悪くありませんが問題は日本での価格です。ASK税や円安がどう掛かってくるのか気になるところ。

NVIDIA日本公式サイトによると『149,800円より』と記載されていることから最安でも15万円であり、ご祝儀価格を含むとそれ以上になることも考えられます。

もしそれ以上の価格で販売されるなら個人輸入も一つの方法です。場合によって保証サービスがなくなりますがおおよそ4万円は浮かせられる計算になります。

にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ   にほんブログ村 ゲームブログ MOD・ゲーム改造へ   にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ