コスチュームMODを導入するときの前提ツール【FF7リメイク】

コスチュームを着せるときの前提ツール導入編

キャラクターの見た目をカスタマイズするMODは3DMigotoを介して動作するものが多くあります。そこで今回は前提ツール3DMigotoを導入する方法を紹介します。

ゲーム発売当時は専用アプリをインストールしてFF7リメイク向けに設定する必要がありました。今は有志によりカスタマイズされゲームディレクトリに配置するだけで簡単動作してくれます。

気分によってキャラクターにいろんなコスチュームを着せ替えしたり見た目変更に興味があるなら3DMigotoをぜひインストールしておきましょう。

■MOD導入の下準備
1 セーブデータのバックアップ
MODを導入する前に必ずセーブデータをバックアップしてください。何らかの不具合が生じたとしても自分で解決しなければなりません。
/Documents/My Games/FINAL FANTASY VII REMAKE/EOS/
2 Nexus Modsのアカウント登録
大半は共有サイトNexus Modsから公開されています。ダウンロードするためにアカウントが必要なので登録方法と使い方を紹介します。
3 FFVIIHookの導入
開発コンソールを使用できるようにします。様々な便利機能が開放されるだけでなく一部の見た目変更MODにも必要です。
4 3DMigotoの導入
キャラクターモデルの改造を可能にします。一部の見た目変更やコスチュームMODを導入するときに必要です。

MODをインストールする方法

MODファイル  3DMigoto Base Mod for FFVII Remake
インストール場所 /FFVIIRemakeintergrade/End/Binaries/Win64/

(1) Nexusの無料アカウントを作成後、 3DMigoto Base Mod for FFVII RemakeにアクセスしてMODファイルをダウンロードしてください。

(2) 解凍したらいくつかファイルやフォルダが同梱されています。中身をすべてEnd/Binaries/Win64に配置すればインストール完了です。(以下に画像で解説します)

(3) 最後にEpicゲームランチャーの設定画面を開き、ゲームの管理からFF7リメイクを探します。追加コマンドライン引数に✔を入れて-dx11と入力してください。

※DX11モードに設定せずゲームを起動した場合クラッシュする可能性があります。

ファイル配置場所の詳細

以下のファイルをすべて指定フォルダに移動
3DMigotoディレクトリ
/FFVIIRemakeintergrade/End/Binaries/Win64/Mods/
/FFVIIRemakeintergrade/End/Binaries/Win64/ShaderFixes/
/FFVIIRemakeintergrade/End/Binaries/Win64/d3d11.dll
/FFVIIRemakeintergrade/End/Binaries/Win64/d3dcompiler_46.dll
/FFVIIRemakeintergrade/End/Binaries/Win64/d3dx.ini

FFVIIHookおよび3DMigotoをインストールしておくとコスチューム系MODをすべて簡単に導入できるようになります。

カクつきを解消するStutter fix(DXVK)をインストールしていると3DMigotoが機能しなくなる報告もありました。併用する方法もありますがかなりややこしいです。

にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ   にほんブログ村 ゲームブログ MOD・ゲーム改造へ