ルーンファクトリー5のセーブデータをSteam版に引き継ぐ方法

ルーンファクトリー5のセーブデータはSwitchからそのままSteamに移植可能

ルーンファクトリー5のSteam版に関する情報を集めてみました。まずSwitch版からお手軽にセーブデータを引っ越しできるそうです。これはゲームの中身が変わっていないことを意味しています。

またMODもいくつか開発進行中でありウルトラワイド対応を可能にするツールが真っ先にスタートしていたのはまさにPC版といったところ。ただゲームシステムが複雑で公開まで時間がかかるかもしれません。

個人的に気になっているゲーム拡張MODについては、少なくともSwitch版にあるいくつかはPC版にも移植されると予想しています。(家具を隙間なく配置できるMODとか)

以下、海外の参考になったコメントを抜粋します。

Switch版から簡単にセーブデータを移せます

Switch on Desk

もしあなたが改造済みのSwitchを持っているならセーブデータをSteamに引き継がせることができます。

Switchのセーブデータを抜き出してパソコンにバックアップしたらセーブファイルに.dat拡張子を追加してください。

%appdata%内のRune Factory 5フォルダにあるデータと置き換えれば、Switchで進行していたデータからプレイ再開可能です 🙂

コメント返信
ありがとう。Ryujinxのセーブデータも使えました。

Ryujinxとは、実機を超えた画質で遊べるSwitchエミュレータのことです。

参考度が高いレビュー抜粋

参考度が高いルーンファクトリー5のレビュー

4ヶ月前にSwitch版を見限ったところなので、主な問題点が修正された状態でPC版が発売されたのは嬉しい限りです。

ルーンファクトリーのゲーム性についてはシリーズ既存プレイヤーならご存じでしょうからここではSwitch版とPC版を比較したハード面の話をしようと思います。

PC版の強み

ランチャーでは多くのオプションを設定できます。高解像度サポート、無限フレームレート、アンチエイリアス、テクスチャ解像度、描画距離など。

またキーコンフィグも充実しておりコントローラーとキーボードどちらも問題なくプレイできました。デフォルトのキー設定から変更する必要性も感じません。

PC版一番の強みは完全な最適化とパフォーマンス問題がほぼすべて解決されたことです。特にロード画面は瞬時に終わり評価できます。

ゲーム内容について

PC版のパフォーマンスは素晴らしいがゲームの世界は相変わらず広くて退屈です。住人もルーンファクトリー4ほど個性的ではなく、生活の質はまだまだ改善できるはず。

決して悪いゲームではありませんが、Steam版のルーンファクトリー4スペシャルが模範的な出来栄えだっただけに、やはり残念ではあります。

今のところ、レビューを書くためにゲームの続きをしようという気にはなりません。またいずれ…。

Steam Deckの動作チェック

Steam Deckのパフォーマンスも悪くありません。少なくとも30FPSのSwitchで遊ぶよりはるかにマシな選択です。

グラフィックは中設定にして720pでゲームを動かした場合おおよそ60FPSでプレイ可能です。ただ時折40~50に落ち込むこともありました。

もちろん更なる調整を施せばゲームパフォーマンスは改善されます。

ルーンファクトリー5はお勧めですか?

ルーンファクトリー5を他人に勧められるか?うーん…、ちょっとね。

農業シムとして見ると十分に楽しい要素はありますが、PC版で発売されたばかりのルーンファクトリー4と比べると残念に感じる部分があるのも事実です。

ただSwitch版を購入して遊ぶぐらいならこっちがオススメかな?正直Switch版で苦労している人たちには申し訳ない。

翻訳元:
Switch to Steam save easily possible.
Ultra Wide (21:9) Support?
ルーンファクトリー5 Steamレビュー