6月30日13:00ついにサンブレイク解禁!アップデートに備えてMODを安全に解除する方法

Ryzen 7 5800X3Dのゲーミング性能は15%向上[3D V-Cache]

Ryzen 7 5800X3D公式発表まとめ[3D V-Cache]

CES2022にて"3D V-Cache"が搭載された強化版Ryzen CPU 5800X3Dが発表されました。基本的な仕様は変わらずキャッシュ容量が増えたと考えられます。

これらCPUシリーズは統合グラフィックスを搭載していないため使用するときは別途グラフィックボードが必要になります。

それでは2022年春に発売が予定されている3D V-Cache版の情報を見ていきましょう。

3Dキャッシュ搭載は5800Xのみ

AMD公式発表によるとまず最初にキャッシュスタックテクノロジーである3D V-Cacheを搭載した"5800X3D"をリリースしてその後にZen4を発表する予定です。

2022年春に発売が予定されているRyzen 7 5800X3Dは従来同様のZen3アーキテクチャに基づく8コア16スレッドで構成されています。

主な変更点は64MBのL3キャッシュを組み込んだ3D V-Cacheであり既存のZen3 CCDの上に配置するため垂直にスタックさせるそうです。

これによりCCD1つあたりに搭載されていた32MBに加えて最大512MBのL3キャッシュが新技術によって構築されるわけです。

最大クロックは200MHz減少

最大クロックは200MHz減少

Ryzen 7 5800X3Dの仕様を見ていくと8コア16スレッドな点は変わりませんが、最大クロックが4.5GHzに変更されており5800Xと比べて200MHz減少しています。

TDPは従来と同じ105Wを維持してAM4プラットフォームをそのまま利用できるため追加コストをかけずにアップグレードすることが可能です。

現在3D V-Cacheを予定しているのは2022年春に発売されるRyzen 7 5800X3Dのみとなります。

期待されているZen 3Dの機能
TSMC 7nmプロセスノードのマイナー最適化
CCDあたり最大64MBのスタックキャッシュ
ゲーミングパフォーマンスが最大15%向上
既存のAM4マザーボードと互換性がある
最も期待されているゲーミング性能

3Dキャッシュ版で最も注目されていることはゲーミング性能が最大で15%向上することです。これによりIntelと対等に戦えることが期待されます。

5900Xと比較 12900Kと比較
ゲーミング性能を5900Xと比較する ゲーミング性能を12900Kと比較する

グラフを見ていくとパフォーマンスが1.4倍に向上したWatch Dogs Legionは素晴らしいの一言に尽きます。

1.2倍になっているゲームがいくつかあるため、リストの中に自分の好きなゲームがあるなら乗り換える価値はあるかもしれません。

5800X3Dはまさにゲーミング性能に特化したCPUであり一部ゲームだけでもCore i9-12900Kから勝利をもぎ取っています。

今後も販売されるRyzen 5000シリーズ

Zen4発売までまだ長い期間があるためAMDは5000シリーズに以下のラインナップを増やしてインテルと戦っていく予定です。

CPU コア
スレッド
最大クロック 3Dキャッシュ TDP
Ryzen 9 5950XT 16/32 5.0GHz 105W
Ryzen 9 5900 12/24 4.7GHz 65W
Ryzen 7 5800X3D 8/16 4.5GHz V-Cache 105W
Ryzen 7 5800 8/16 4.6GHz 65W
Ryzen 5 5600XT 6/12 4.6GHz 65W
Ryzen 5 5600 6/12 65W

海外の反応をピックアップ

海外の反応
2022年の春?おそらくそれは4月か5月になるでしょう。
多くの人がAlder LakeはZen3を破壊すると言っており、毎日これだけを繰り返す人もいます。
さて、AMDの5800X3Dの主張が真実であるならAlder Lakeに匹敵するかそれを上回り、一部のキャッシュだけで叩くことができますね。(笑)
↑たった一つのCPUだけですか?5900や5950はどこにありますか。
↑これはゲームパフォーマンスの利点を高めるためにリリースされました。5900Xおよび5950Xは5800Xとゲーミング性能がさほど変わらないからです。
3Dキャッシュモデルを1つだけリリースしたことは良いことです。
宣伝通りに機能する場合はINTELに大きな警告となるでしょう。そうでない場合は12コアモデルや16コアモデルの3D版を簡単に用意できます。
↑3Dキャッシュは私にとって失望を感じます。
Intelに対して全面的な勝利を収めており複数のラインナップに期待していましたが、販売されるのは1種類だけですぐにAM5に移るのでしょう。
Zen3Dはリリースするのが遅すぎた。
↑本当はもっとはやく実装する予定でしたが何らかの事情により遅れました。そしてAM5が近いため5800X3Dのみのリリースを決定したのです。
5800X3Dのブーストクロックを下げたことだけは非常に残念です。
これは5600Gと5700GがV-Cacheを搭載してもらえない悲しい事実です。
↑これらのZenは最初の予定であり、おそらくRyzen APU 6000シリーズはそのあとで入手できるでしょう。
私の3800Xは2022年にリタイア予定だったので5800X3Dはちょうどいい機会です。CPUを交換するだけで約40%向上することになります。
5800Xから5800X3Dにアップグレードを計画していましたがクロックが低いと先送りになります。しかしうまくいけば追加キャッシュにはそれだけの価値があるということでしょう。
↑同じく5800Xから乗り換える予定でした。一般用途では5800X3Dはクロック減少によって性能ダウンしてしまうようです。5800Xは高温CPUになるのでクロック減少が冷却にはありがたいですね。
↑↑5800Xからのアップグレードは馬鹿げた行動です。
↑↑↑AMDはゲーム性能で5900Xを越えると言っているのでそれだけの価値があります。実際のベンチマークを見るのが楽しみです。
↑これらのゲームはAMDによって用意されハイエンドGPUを使用しながら低解像度で動かしています。そのためカードに適切な解像度ではありません。

ハイエンドGPUを使用する人の多くは1440pまたは4Kで再生するでしょう。1080pで動かすゲームはそもそも負荷が軽いためCPUがそれほど重要ではありません。

↑CPUパフォーマンスを測るときは常に1080pでテストされます。それ以上になるとGPUによってボトルネックが現れるからです。