Ryzen 7 7700Xは旧世代よりシングル性能30%向上するそうです

Ryzen 7 7700Xは旧世代よりシングル性能30%向上

9月に発売を予定しているZen4の新情報です。Ryzen 7 7700Xのベンチマークスコアが本日リークされ旧世代と比較するとシングル性能が30%向上していることが分かりました。

ただこれはエンジニアリングサンプル(試作品)なので製品版とは仕様が異なります。多くの場合、製品版はさらに仕上げてくるためZen4のパフォーマンスは期待できそうです。

PCゲーマーにとって重要なシングル性能を高めてきたAMDとIntel、どちらを選んでも満足できるCPUになることは間違いありません。あとは値段次第…。

旧世代とスペック比較

スペック表 Ryzen 7 7700X
(ES品)
Ryzen 7 5700X Core i5-12600K
アーキテクチャ Zen4 Zen3 Alder Lake
プロセスルール 5nm 7nm Intel7
コア/スレッド 8/16 8/16 6+4/16
ベースクロック
ターボクロック
4.7GHz
5.3GHz
3.4GHz
4.6GHz
3.7GHz
4.9GHz
キャッシュ 40MB 36MB 20MB
メモリ DDR5-5600 DDR4-3200 DDR4-3200
DDR5-4800
TDP 105W 65W 125-150W
価格 $299? $299 $289

(サンプル品なので将来的に仕様が変更される可能性があります)

Ryzen 7 7700Xはコストパフォーマンス重視なCPUとして作られた5700Xの後継機に当たります。価格据え置きになるかは分かりませんが7700Xも買いやすい値段に設定されます。

大きく変わった点はベースクロックが3.4GHzから4.7GHzに爆上げされたことでしょうか。新アーキと5nmに細分化された効果は驚くほどバッチリ決まったようです。

TDPはちょっぴり不安

Zen4唯一の不安はTDP105Wに爆上がりしていることです。なるべく価格を抑えたいコスパユーザーにとって水冷クーラーを別途買わなくて済む低TDPが好まれます。

ですが強力な空冷クーラーを持っているならTDP105Wまでギリギリ冷やしきれるためRyzen 7 7700Xを狙ってみるのもアリだと思います。(7900XからはTDP170Wになり水冷必須)

Cinebench R20スコア

Cinebench R20スコア
CINEBENCH R20性能比較 シングル マルチ 価格帯
Intel Core i5-13600K
Raptor Lake (10月発売予定)
805 9,217
AMD Ryzen 7 7700X
Zen4 (9月発売予定)
773 7,701 $299?
Intel Core i5-12600K
Alder Lake
741 6,702 $289
AMD Ryzen 7 5700X
Zen3
594 5,115 $299

ES品とはいえ旧世代と比較してシングル性能1.3倍、マルチ性能1.5倍に仕上げてきたところは凄いの一言です。Zen3発売から2年間待ったかいがありました。

同価格帯ライバルであるCore i5-12600Kに対してもシングル/マルチともに優位なポジションに立てています。これだけの性能があればゲームでも遅れをとることなく戦えるはずです。

しかしながらIntelもRaptor Lakeの発売を間近に控えており、Zen4発売から一ヶ月後には登場するのではないかと噂されています。Zen4ピンチです。

■次世代CPUの発売予定日
AMD Zen4 – 9月15日 発売予定
Intel Raptor Lake – 10月17日 発売予定

どちらが買いですか

今すぐにでもCPUを買うならAlder Lakeをお勧めしますが、将来的にどちらが買いかは現段階で分かっていません。10月の次世代CPU対決を楽しみに待っていてください。

あとはDDR4を使いまわしできるRaptor Lakeが魅力的です。DDR5に性能的なうま味が出てくるまで買いたくないユーザーはRaptorに流れるかもしれません。

個人的にはデスクトップ版APUが気になっていますがもし出してくれるのなら…TDP65Wに抑えてくれたら最高です。

ソース元 このZen4は一体なんでしょう?AM5マザーボード補足情報 / Zen4 ES?

 

CPUAMD,Zen 4

Posted by Logu