【Starfield】コンソールコマンドMODを簡単に利用できる「Console Command Runner」

【Starfield】コンソールコマンドMODを簡単に利用できる「Console Command Runner」

Starfieldでは数多くのコンソールコマンドMODが製作されましたが統合作業はとても面倒です。そこでお手軽インストールしながら起動時に自動的に読み込ませるMODを紹介します。

『統合作業によるコピペミスが無くなる』、『iniファイルの記述が不要』、『ファイルを設置するだけで機能する』など多くの利点があるため将来的にすべてこの方法に移行していくと思われます。

📌注意点
SFSEおよびAddress Libraryに対応しているSteam版専用のやり方です。
・ご自身でtomlファイルを作成するかMOD作者の対応が必要になります。

MODインストール手順

(1) StarfieldにMODを導入するにはさまざまな下準備が必要になります。管理ツールや前提ファイルをあらかじめご用意ください。

(2) MOD管理ツールを推奨しますが手動インストールでも問題ありません。MAIN FILESからファイルをダウンロードし、中身をゲームディレクトリに直接移動させて完了です。

手動インストールの設置場所

/Starfield/Data/SFSE/Plugins/ConsoleCommandRunner.dll

■設置場所の確認 (画像バージョン)
Console Command Runnerのインストール場所

ファイル設置ついでにConsoleCommandRunnerフォルダを作成しておくと後々楽になります。続いて利用したいコンソールコマンドのtomlをご用意ください。

コンソールコマンドMOD導入方法

現在対応している有名作品は以上になります。ダウンロードページへ飛ぶとCCR版があるのでそれを利用しましょう。

MODファイルを解凍したら中身を抽出し、ゲームディレクトリにそのまま移動させてインストール完了です。

tomlファイルの設置場所

/Starfield/Data/SFSE/Plugins/ConsoleCommandRunner/〇〇.toml

■設置場所の確認 (画像バージョン)
tomlファイルの設置場所

これらのtomlファイルはメモ帳で編集できるので好みに応じて調整してください。そしてコンソール統合時に作成したAllMods.txtから移行完了したMODを削除します。

この方法に対応していないコンソールコマンドMODについてはご自身で作成することをおすすめします。(他のtomlファイルを開けば仕組みが分かるはず)

にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ   にほんブログ村 ゲームブログ MOD・ゲーム改造へ