【Starfield】大量のプラグインMODを導入できる「Plugins.txt Enabler」

Starfield総合

【Starfield】大量のプラグインMODを導入できる

StarfieldにプラグインMODを大量導入するなら用意しておきたい前提ファイルを紹介します。ベンダークレジット増加MOD、ジャンクアイテム拾わせないMODなどがプラグイン系です。

sTestFile1=の記述方法でも利用できますが10種類しかサポートされず非推奨のやり方です。将来的には大量インストールできる今回の方法に移行していくと思われます。

プラグインMOD一覧

当ブログでは取り扱いが少ないもののNexusではすでに多くのプラグインMODが公開されています。10種類を超えるようであればPlugins.txt Enablerのインストールを推奨します。

📌プラグインMODってなに?
プラグインとは拡張子がesm / esp / eslであるファイルの事を指します。Starfieldにおいてはゲームに関するさまざまな設定が詰め込まれたファイルです。

MODインストール手順

(1) StarfieldにMODを導入するにはさまざまな下準備が必要になります。管理ツールや前提ファイルをあらかじめご用意ください。

(2) SFSE版もしくはASIローダー版をダウンロードしたら中身を抽出し、以下のゲームディレクトリに直接移動させてインストール完了です。(MOD管理ツール対応)

手動インストールの設置場所

■SFSE版 Steam専用
/Starfield/Data/SFSE/Plugins/SFPluginsTxtEnabler.dll

■ASIローダー版 Steam/ゲームパス両対応
/Starfield/Plugins/SFPluginsTxtEnabler.asi

📌ゲームパス版の注意点
ゲームパス版はSteamとインストール先が異なり/Starfield/Content/にPluginsフォルダを設置してください。

ASIローダーのインストール方法については実績システムを有効化させるMODが参考になると思います。

Plugins.txtを作成する

StarfieldCustom.iniを利用していた以前のやり方とは異なり、今後はPlugins.txtを特定場所に作成して新たな記述を行ってください。

テキストファイル作成場所

C:/Users/ユーザー名/AppData/Local/Starfield/Plugins.txt

📝 Plugins.txt – メモ帳
*RicherMerchants.esp
*xatmosNoClutter.esp
*FastWalk.esp

Plugins.txtのサンプル

上記の例ではRicher MerchantsBurden Me Not – Clutter BegoneSimple Faster Walkの3種類を読み込ませています。

注意点は行の先頭に*を付けること、拡張子を忘れずに記入することです。またesmファイルを利用するのであればespより上の行に記述します(未検証)。

StarfieldCustom.iniから無効化する

以前の方法で導入していた場合はStarfieldCustom.iniにあるsTestFileを探してください。それらの行をすべてコメントアウトします。

📌StarfieldCustom.ini
;sTestFile1=RicherMerchants.esp
;sTestFile2=xatmosNoClutter.esp
;sTestFile3=FastWalk.esp

;sTestFile10=〇〇.esp

sTestFileの記述が残されたままだとそちらが優先的に読み込まれるためコメントアウトして無効化する必要があります。

もちろん行自体を削除しても構いませんがPlugins.txt Enablerで機能しなかった場合に戻す手間を考えるとコメントアウトの方が楽です。