ウォーロンは第12世代インテルCPUに最適化されていない説

ウォーロンは第12世代インテルCPUに最適化されていない説

本日発売されたダーク三國死にゲーの『ウォーロン フォールン ダイナスティ』。Steam評価はやや不評にまで落ち込んでおりその理由はPC版特有の最適化不足によるものです。

特にカクつきやフレームレートに関する報告が多くさまざまな対処法を検証している段階ですが、もし第12世代のAlder Lake CPUをお持ちならば簡単な解決策があるかもしれません。

Eコアが悪さをしている可能性

第12世代Alder Lakeから搭載されたEコアは性能が低い代わりに電力効率が高い特徴を持っています。しかしゲームによってはEコアに割り振られてしまいパフォーマンスが落ちる事態がしばしば発生するのです。

■該当CPU
Intel Core i9-12900(K) / Intel Core i7-12700(K) / Intel Core i5-12600K

第12世代でEコアを無効化したらパフォーマンスが改善したコメントを以下にまとめました。Redditのウォーロン板より。

フレームレートに関する問題を修正する方法

2023/03/03

これは新しめのインテルCPUつまり12000シリーズ以降に由来するものです。これらのCPUはパフォーマンスコアと効率コア(Eコア)を備えています。

インテルがAlder LakeをリリースしたときいくつかのゲームでEコアに関する問題が発生しましたが時間の経過とともに修正されました。

さて解決方法は簡単です。修正パッチがリリースされるまではBIOS画面を開いてEコアを無効化することです。

Nioh 2が発売された当時も同じ問題があり、後のパッチで修正された経緯があります。そのためこの対策は理に適っていると言えるでしょう。

もしあなたが第12世代CPUを持っていてもBIOSのどこに修正項目があるのかは聞かないでください。私の場合は『Advanced CPU』の項目から無効化することができました。それではグッドラック。

このトピックに対する反応

 Lassoで試したときは悪化してしまったのですがBIOSも試してみることにします。情報ありがとう。

 ↑【トピック主】ぜひ結果も聞かせて 😀

 ↑うまくいきました!すばらしい。Lassoを使用したときは絶望に打ちひしがれていましたが、BIOSを試すとスローな50FPSから滑らかな90FPSに安定しました。これは伝説級の対処法です。

 これはプラシーボではないですか?なぜならAMD CPUでも問題が発生するからです。

 ↑12700Kユーザーですがプラシーボではありません。最小設定でも50~55FPSしか到達できなかったのが、最高設定の60FPSになりました。バターのように滑らかです。

 12700Kユーザーですが、さまざまな解決策を試したところ効果があったのは『Eコアを無効化する』だけでした。

 このトピックはピン留めしておくべきです!なんてこった、ゲームがスムーズに動くだけでなく画質も3倍に綺麗になったよ。

 12600KFで検証したところEコア有効状態では99%FPSは18~20のスローな印象でした。BIOSからEコアを無効化するとなんと99%FPSは45~50まで跳ね上がったのです。つまり第12世代インテルのEコア問題と言えます。

 この問題について詳しく調べたところWindows 10と第12世代インテルの組み合わせが原因かもしれません。Windows 11を使用している方がいましたら結果を教えていただけると幸いです。

 ↑Win 11, 13700K, RTX 4090でEコアの有効/無効を比較してみました。https://ibb.co/5R2vH65

 ↑うーむ、Windowsのバージョン違いが影響しているわけでもなさそうです。情報ありがとう。

 これはおそらく第12世代Alder Lake限定の問題です。13600KFではEコアを無効化にしなくてもすべて良好に動作しています。

 解決策を見つけたのは喜ばしいことなんだけど、60ドルも支払ってトラブルシューティングをしなければならないことにウンザリだよ。