2022年11月30日 PCゲームニュースもこちらで取り扱うようにしました。

Core i9-13900Kのシングル性能は5950Xより36%高速

Raptor Lakeフューチャー

Core i9-13900K(Raptor Lake)は10月に発売を予定しておりRyzen 9 5950Xに対して36%高速なシングルスレッドを備えていることが判明しました。

とはいえRyzen 9 5950Xは1年半前に発売されたCPUなので勝って当然。重要なのは次世代CPUのパフォーマンス対決だと思います。

リーク情報によるとIntelとAMDどちらも次世代CPUはシングルスレッドが15%性能向上しており、両者の差は縮まらずIntel優位の状態はまだまだ続きそうです。

ベンチマーク比較

Intel vs AMD

Raptor Lakeのベンチマーク性能をリークしたのはTwitter@OneRaichu氏です。彼はAlder Lakeでも正確な情報をリークしており信頼できます。

Intel第13世代のフラッグシップであるCore i9-13900KはGeekbench 5ベンチマークのシングルスコアを2300以上出すことができると述べています。

現在発売されているCPUも並べてみましょう。Core i9-12900K(Alder Lake)は約2000ポイント、Ryzen 9 5950X(Zen3)は約1700ポイントであることが分かっています。

Geekbench 5のシングル性能
Intel Core i9-13900Kリーク Raptor Lake 2,300
+36.2%
Intel Core i9-12900K Alder Lake 1,936
+14.6%
AMD Ryzen 9 5950X Zen3 1,689

ZEN4はようやくAlder Lakeに追い付く

今年の秋に発売を予定しているZEN4はシングル性能が15%ほど向上すると見られています。単純計算では15%向上してようやくAlder Lakeに肩を並べたところです。

シングル性能は圧倒的な差を付けられてしまいましたがAMD本来の強みはマルチ性能になります。特にオフィスワークやコンテンツクリエイトなどの環境で威力を発揮します。

Intel/AMD両社とも特化したメリットがあり用途で選択できる今の状況はユーザーにとっても好ましいものです。

AMD ビジネス用途に強い。オフィスワークや動画などのコンテンツ製作向き。消費者よりは生産側に好まれる。
Intel シングル性能を生かしたゲームパフォーマンスが強み。私たち消費者に好まれる。互換性も高く10年以上前のソフトを動かすときはIntel推奨。

新旧スペック比較

10月に発売予定の次世代Raptor Lakeと現在発売されているAlder LakeおよびZen3のスペックを比較してみました。

Intelは高いシングル性能を出せる代わりにビッグコアが8個しか搭載していません。対してAMDは16コア積んでいるため高いマルチ性能を期待できます。

CPU Core i9
13900K
Core i9
12900K
Ryzen 9
5950X
アーキテクチャ Raptor Lake Alder Lake Zen3
プロセスルール 10nm+++ 10nm++ 7nm
コア/スレッド 24/32 16/24 16/32
ビッグコア 8 8 16
スモールコア 16 8
最大クロック
(全コア)
? 4.9GHz 4.9GHz
キャッシュ 68MB 30MB 64MB
TDP 125W
228W
125W
241W
105W

ソース元: Intel Core i9-13900K Raptor Lake Desktop CPU Could End Up 15% Faster Than Core i9-12900K & 35% Faster Than AMD Ryzen 9 5950X In Single-Threaded Performance

にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ   にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ   にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ