Pixel 6aはモーションモード未実装っぽい

Pixel 6aはモーションモードが実装されないかも

近々発表予定のGoogle Pixel 6aはモーションモードを実装しない可能性があるとAndroid開発者のリークによって判明しました。

モーションモードとはPixel 6に搭載されている機能でアクションパンを利用できます。対象以外をぼやけさせて流動的な動きを表現することが可能です。

通常モデルと廉価モデルのスペック差はほとんどない代わりに、こういったオプション機能を削減して差別化することは何も不思議ではありません。

コードネームが見当たらない

とあるAndroid開発者によるとPixel 6aはモーションモードを標準搭載しないことが示唆される証拠をPixel Tipsアプリから発見しました。

TipsアプリにあるPIXEL_2021_EXPERIENCEにはモーションモードに対応しているスマホデバイスが表示されますが、そのリストから"bluejay"が除外されているのです。

bluejayとはPixel 6aのコードネームとして知られています。廉価版であることを考えるとカメラ機能が削減されることは現実的な話に思えます。

アクションパンとは

モーションモード『アクションパン』

Google最新機種に搭載されているモーションモードとは動いている物体を撮影したときに対象だけハイライトさせる機能のことでアクションパンと呼ばれています。

これにより上記画像のようなスピード感あふれる写真を撮影できるのです。従来はプロが経験を駆使して行っていた技術の一つですがもはや誰でもできる時代になりました。

Pixelの名が示す通り同シリーズはスマホの中でも最高峰のカメラを搭載しています。普段からスマホカメラを活用するのであればぜひとも使いたい機能です。

売上好調のPixelシリーズ

Google Pixel 6シリーズは独自のTensorチップに切り換えたおかげでコストパフォーマンスが爆上がりし堅調な走りだしを見せています。

そして近々発表予定である廉価モデルPixel 6aは1~2万円安くする低価格を実現しながらも同スペック性能を可能にしました。

しかしながらフラッグシップモデルとの差別化を図るためスペック以外のいくつかの機能は削られる可能性はもちろんあります。

Google Pixelシリーズは安くて高スペックなことも売りの一つです。カメラ機能をほとんど使用しないのならPixel 6aは最高の選択肢になるかと思います。