レトロフリークを使ってROMイメージを吸い出す裏技

レトロフリーク各種ハード

昔懐かしいゲームが遊べることで人気なレトロフリークですが有志による解析でゲームソフトを吸い出すことに成功しました。

ゲーム機ごとのダンパーをそれぞれ購入するよりもレトロフリークのほうが扱いやすくコストも安く抑えられるため吸い出し目的で購入する人もいることでしょう。

レトロフリークとは

11種のカセットに対応しているマルチ互換機

レトロフリーク(コントローラーアダプタセット)は11種のゲーム機が動作するマルチゲーム互換機として2015年10月31日に販売されました。

PCで動かすエミュレータと実質的には同じ仕組みですがレトロフリークは小型で扱いやすくカセットを差し込むだけで遊べる点が多くのユーザーに評価され大人気商品になっています。

主な対応ゲーム機
レトロフリーク:レトロゲーム互換機(コントローラーアダプターセット) -ファミコン
-スーパーファミコン
-ゲームボーイ
-ゲームボーイアドバンス
-メガドライブ
-PCエンジン
※他、海外版含めた5種

HDMI出力でテレビに接続可能

レトロフリーク HDMI出力可能

従来のレトロゲーム機はアナログ出力が基本でぼやけた画面でプレイしていましたがレトロフリークではHDMI出力できるためクッキリハッキリした映像で遊ぶことができます。

また昔のゲーム機であっても自動的に解像度720pにアップコンバートされるためレトロフリークで動かしたほうが高画質なゲーム画面を味わうことができます。

画質や音質のプレイ環境を設定可能

レトロフリーク フィルター

高解像度+HDMI出力で高画質化するだけでなく、フィルターをかけてSuper Eagleを使用することで上記画像のようにエッジを滑らかにして古いゲーム機であっても違和感なくプレイすることができます。

電池が切れたカセットでもセーブ可能

レトロフリーク セーブ可能

古いカセットであればすでに電池切れでセーブを保存できないことがあると思いますが、レトロフリークでは本体にセーブできるためカセットの寿命がきても問題なくプレイできます。

さらにmicroSD経由でパソコンへバックアップすることもできるため、実機カセットのセーブデータを吸い出してパソコンに保存してエミュレータで遊ぶことだって可能です。

どこでもセーブ可能

エミュレータのようにレトロフリークもどこでもセーブに対応しています。本来であればセーブができないダンジョンの中でも一旦中断していつでも再開できます。

また、パスワード形式で保存するファミコンなど古いゲームでもどこでもセーブできるためレトロフリークを使えば面倒なパスワードから開放されます。

PS3/PS4コントローラー使用可能

レトロフリーク PS3/PS4コントローラー

公式によって用意されたレトロフリーク(コントローラーアダプタセット)は標準のコントローラーも付属していますが使い勝手が今一つな作りになっており、他社製コントローラーを使用したほうが快適に遊ぶことができると言われています。

PS3/PS4コントローラーは使い勝手や入手性が良いことからもネット上でも評価が高くレトロフリークでも使用できるため多くの人はこれらのコントローラーを使用しています。レトロゲーム機の純正コントローラーにも対応していますので懐かしいスーファミのコントローラーを用意しても構いません。

ゲームをインストール可能

レトロフリーク ROMインストール

そしてレトロフリーク一番の機能と断言できるのがインストール機能です。実機みたいにカセットを抜き差しする手間は不要で一度インストールすれば接触部分の劣化を気にせず遊ぶことができます。

これによりファミコン/スーパーファミコン/ゲームボーイ/ゲームボーイアドバンスなどが一台のゲーム機で起動してすべて一括でセーブデータの管理もできます。気軽に持ち運びできるため出張時に持っていく人もいるとのことです。

ROMイメージ吸い出し

当記事の一番の目玉であるROMイメージを吸い出してパソコンに保存する方法です。インストールしたゲームはレトロフリークでのみ動作可能とありますが、意図的(?)にゆるゆるなプロテクトになっており有志の方が作成したツールを使用して吸い出すことができます。

ファミコン/スーパーファミコン/ゲームボーイ/ゲームボーイアドバンス/メガドライブ/PCエンジンは面倒な単独ダンパーを使用せずとレトロフリークで吸い出してパソコンに保存する使い方が流行りです。(もし失敗してもレトロフリークで遊べばいいだけですし)

詳しい吸い出し方法