Switchもようやくコピーガード搭載か 海賊版やエミュレータ対策に期待

Switchもようやくコピーガード搭載か 海賊版やエミュレータ対策に期待

ゲーム発売前から当たり前のようにROMが流出していたSwitch界隈ですが、ようやくコピーガード『Denuvo』を搭載するようです。海賊版やエミュレータ対策に活躍してくれることを期待します。

そもそもの問題点はSwitchエミュレータの完成度が高すぎることです。実機で遊ぶよりもSteam Deckで動かしたほうが綺麗で快適だと煽られる始末…海外ではもうやりたい放題。

今後搭載するコピーガード『Denuvo』によってエミュレータ上で動かすことを防ぐようになります。Switchのゲームプレイに悪影響を与えることなく著作権侵害を制御できるそうですが…。

DenuvoはPCゲームに有効だったの?

検証結果によると海賊版はコピーガードの影響を受けず快適に遊べるのに対して、真っ当にゲームを購入しているユーザーだけゲームパフォーマンスが大きく低下してしまいます。

『こっちはお金を支払ってるのに、無料で遊んでいる人の方が快適なのは許せない!』とユーザーからの不満が続出し、近年ではDenuvoを外すゲームメーカーも出てきました。

結局のところイタチごっこでしかありません。コピーガードがあろうとなかろうとクラックされてしまうのがPCゲームです。そして同じく無法地帯なのがSwitch界隈です。

Switchユーザーは不安視している

Switch版Denuvoはゲームパフォーマンスを落とすことなく遊べるのでしょうか…。独自システムを搭載するためどうなるか分かりませんが、少なくとも今より軽くなることはありません

ネット上ではSwitchユーザーたちの不安な気持ちが溢れかえっています。お金を支払っている真っ当なプレイヤーのみが被害を被ることになったら本末転倒です。

今回のコピーガードが果たしてどのような結果をもたらすのか、そしてエミュレータ開発チームの動向も合わせて注目しています。

『ゼルダの伝説 夢をみる島』はYuzuで完全再現可能