スカイウォーカーサーガのMod Loader導入編

スカイウォーカーサーガのMod Loader登場

2022年4月6日に発売されたレゴスターウォーズ/スカイウォーカーサーガをお手軽に改造できるようにするScript Mod Loaderが登場しました。

これ自体は特別な機能を持っていませんがスクリプト系MODを読み込んでゲーム機能を呼び出したりゲームエンジンと連動してさまざまな改造を可能にします。

他のゲームで言えばエルデンリングのElden Mod LoaderやモンスターハンターライズのREFrameworkと同じような機能です。

MOD導入方法

必要ファイル1  Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ
必要ファイル2  Windows SDK
MODファイル  LEGO Star Wars The Skywalker Saga Script Hook

1) 最初にMicrosoft Visual C++ 2010およびWindows SDKをインストールします。自分のOSが対応しているかシステム要件を確認してみましょう。

2) Nexusの無料アカウントを作成後、 LEGO Star Wars The Skywalker Saga Script HookにアクセスしてMODファイルをダウンロードしてください。

3) 解凍したら.dllファイルと同じ場所にscriptsフォルダを作成します。後は中身をすべてゲームのインストールフォルダに移動してください。

手動でscriptsフォルダ作成
scriptsフォルダ作成
ファイルをすべて以下の場所に格納
C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\LEGO Star Wars – The Skywalker Saga

4) 以上でインストール完了です。試しにゲームを立ち上げてみると画面左上にScript Hookをロードした通知が表示されます。

■Script Hookのインストール方法(英語)

トラブルシューティング

今後登場するスクリプト系MODを利用できる前提ファイルになっておりゲーム起動時に自動的に立ち上がります。

DLLファイルによる改造は直接的にゲームプログラムを弄らなくて済むので簡単に導入/アンインストールできることがメリットです。

またゲームアップデートされるとMODが機能しなくなることがあります。そんな時はdinput8.dllを一時的に排除して作者の対応を待ちましょう。


ゲームの改造によって仮にデータが破損したとしても責任は取れません。必ずセーブデータのバックアップをお願いします。