AMD FSR 2対応ゲームにてフレーム生成も有効化できるMOD登場

AMD FSR 3 "Frame Generation"有効化

さまざまなゲームでフレーム生成を有効化できるMOD「AMD FSR 2 to FSR 3」がリリースされました。FSR 2に対応していれば公式サポートがなくても機能する仕組みです。

DLSSG To FSR3と異なる点はGeForceとRadeon両対応しておりグラボ制限もありません。最新グラボではないユーザーにとって大きな恩恵があります。

📌互換性チェック
現在のバージョンでFSR2 to FSR3が動作するゲームは以下になります。今一番期待しているMODと言っても過言ではなく一般公開されるときが待ち遠しい。

動作確認済みのタイトル

The Last of Us Part I
Dead Space (2023)
MS-Man Remastered
HITMAN World of Assassination
Remnant II
Alan Wake 2
Dying Light 2
Watch Dogs: Legion
Metro Exodus Enhanced
Ready Or Not
ホグワーツ・レガシー
サイバーパンク2077
アンチャーテッド トレジャーハンターコレクション
ラチェット&クランク パラレル・トラブル
STAR WARS ジェダイ:サバイバー
アサシンクリード ミラージュ

Patreonから有料会員になれば利用できますがまずは作者の互換性リストをご覧ください。ゲームによって異なるインストール手順を確認できます。

Regularと記されていればFSR2FSR3のインストールだけで動作しますが、Requireセクションに×が記入されているならCyberFSRのインストールも必要になります。

FSR2FSR3インストール手順 (Regular)

1 利用したいゲームのAMD FSR 2バージョンを確認する
2 FSR 2バージョンに対応したMODを<#1148164847335387160>からダウンロード
2.0.xバージョン → '_200’
2.1.xバージョン → '_210’
2.2.xバージョン → '_220’
SDKバージョン → '_SDK’

※ゲームディレクトリにffx_fsr2_x64.dllがある場合はSDKバージョンのMODを使用

3 ダウンロードしたMODはゲーム実行ファイルがあるディレクトリに移動させる
※Unreal Engineゲームの場合はサブディレクトリにある〇〇-Shipping.exeの場所かも
4 ゲームを起動すると新しいコンソールウィンドウとともにいくつかのメッセージが表示される
5 ゲーム内オプションからFSR 2を有効化するとフレーム生成も機能する

CyberFSRインストール手順 (Require)

1 PotatoIsBack.zipをダウンロードし、ゲーム実行ファイルのある場所に中身を抽出する
※Unreal Engineゲームの場合はサブディレクトリかも
2 NVIDIAグラボを使用している場合はファイルからdxgi.dllを取り除き、さらにゲームディレクトリにあるnvngx_dlssd.dllも削除
3 EnableSignatureOverride.regを実行する
4 ゲーム内でDLSSを有効化するとフレーム生成も機能する
※DLSSプリセットを変更したいときはnvngx.iniを編集

ゲームによってはフレームレートが1.5倍に向上し旧式グラボでも快適に動作するはずです。また一部のRadeonでは正常動作しませんが将来的に修正を予定しています。

にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ   にほんブログ村 ゲームブログ MOD・ゲーム改造へ