メリナの語尾にメリを付けるジョークMOD導入編【エルデンリング】

メリナの会話すべてにメリを付けるジョークMOD導入編

エルデンリングに登場するメリナの会話シーンにすべてメリを付けるジョークMODです。なぜかツイッターでバズってますね。PC版買いたいという呟きすらありました。

メリナがメリメリ言うようになったのはいつの頃からか…。メインヒロイン力で負けているメリナが顔を歪めてラニに嫉妬するまでが一連の流れになります。

これでもう存在感が薄いなんて言わせないメリ。メインヒロインの座はもらったメリ!

■MOD導入の下準備
1 セーブデータのバックアップ
MODを導入する前に必ずセーブデータをバックアップしてください。何らかの不具合が生じたとしても自分で解決しなければなりません。
2 Nexus Modsのアカウント登録
大半は共有サイトNexus Modsから公開されています。ダウンロードするためにアカウントが必要なので登録方法と使い方を紹介します。
3 前提MOD/ツール一覧
エルデンリングにMODを適用するには前提ツールをインストールする必要があります。一覧にまとめてみました。

MODをインストールする方法

必要ツール  Mod Engine 2の使い方
MODファイル  Melina no gobini Melii wo tukeru MOD
インストール場所 /ModEngine2/mod/

1) Nexusの無料アカウントを作成後、 Melina no gobini Melii wo tukeru MODにアクセスしてMODファイルをダウンロードしてください。

2) 解凍するとModEngine2およびmsgフォルダの2種類あります。同梱されているModEngine2は公式のものと同じなので普段から使い慣れてる方をお使いください。

3) msgをそのままmodフォルダに格納して導入完了です。ゲームを再現するためフォルダ構成は維持してください。

■msgフォルダ格納場所
“/ModEngine2/mod/msg/jpnjp/menu.msgbnd.dcx"

私を連れていってほしいメリ
私を連れていってほしいメリ

※気分転換的に使いたいときは以下の方法を推奨します。

お勧めは別フォルダにて管理

MeliMeliフォルダ作成
MeliMeliフォルダ作成
“/ModEngine2/MeliMeli/msg/jpnjp/menu.msgbnd.dcx"

modフォルダに導入する方法は簡単にできますが無効化したくなったときにどのファイルを消せばいいのか分からなくなります。

そんなときは他と混ざらないように専用フォルダを用意する方法がお勧めです。管理しやすいようにMeliMeliフォルダを作成して分離してみましょう。

先ほどのmsgフォルダをそっくりそのまま格納してください。

フォルダの優先順位を設定

メモ帳などでconfig_eldenring.tomlを開きmodsの項目を修正します。優先適用させたいフォルダを上位に記載してください。

path=指定フォルダを入力します。絶対パスでも可能ですがここでは最も簡単な方法で実行します。

デフォルト
mods = [
{ enabled = true, name = “default", path = “mod" }
]
一行追加します
mods = [
{ enabled = true, name = “Gobi Meli", path = “MeliMeli" },
{ enabled = true, name = “default", path = “mod" }
]

メリメリMODを無効化したいときはenabled = truefalseに書き換えると適用されなくなります。(デフォルトのmodフォルダだけtrueを維持)

また複数の気分転換MODを管理したい場合は行を追加してください。それぞれの専用フォルダを作成して気分によって有効無効も可能です。

導入は以上で完了します。launchmod_eldenring.batからゲームを立ち上げてください。

最後に作者のMODを宣伝します。

■死んだときのメッセージを草や(笑)に変更するMOD
Change You Died to grass and (laugh).

■めちゃくちゃ頑張ったMOD
NPCs And Bosses Spirit Summons

海外の反応をピックアップ

使用者のコメント
興味のある方へ…。
これはただ会話を変更するだけの機能です。彼女はポケモンのように『メリ、メリ』と鳴きます。
とても面白いです。
なんて奇怪なアイデア。ですが少なからず滑稽に見えます。
かわいいメリ。
【作者】
↑メリはかわいいメリ。
可愛さがマシマシメリ。
5chのスレで見た。
【作者】
↑よく見てる。