6月30日13:00ついにサンブレイク解禁!アップデートに備えてMODを安全に解除する方法

UHD770を極限OCしたら性能が61%向上しました

INTELプロセッサー

Alder Lakeに搭載されている統合グラフィックUHD770を限界までオーバークロックしたらどこまで性能上がるか挑戦した海外のYouTuber記事です。

最初に言っておきますとこちらは実用性ほぼ皆無のネタ記事になります。

iGPUが2.4GHzに達成!

SkatterBencher氏はUHD770を極限までオーバークロックした動画をYouTubeに共有しており、iGPUは2,378MHzに達成して最大で61%のパフォーマンスが実現したそうです。

UHD770は基本クロックが300MHzに設定されていますが最大ブーストはそれぞれ異なります。例えばCore i5-12600Kは最大1,450MHz、Core i7-12700Kは1,500MHz、Core i9-12900Kは1,550MHzまで増加します。

そして彼はCore i9-12900Kの内蔵グラフィックを2,378MHzまでオーバークロックすることに成功しました。

OCするならASUSが最強です

さまざまな方法を試した結果、最も効率的だと証明されたのは電力と電圧の制限を最大化させるASUSのマルチコアエンハンスメント機能です。

XMP 3.0を有効にしてBLCKを116に増やすことでプロセッサーとiGPU(UHD770)のオーバークロックに成功しました。

UHD770のベンチマーク比較

ベンチマーク 標準スコア 2.4GHzスコア
Geekbench 5
OpenCL
9,641 14,410 +49%
Geekbench 5
Vulkan
9,537 14,538 +52%
Furmark
1080p
925 1,411 +53%
AI Benchmark 1,352 2,048 +51%
3DMark
Night Raid
13,441 18,965 +41%
Unigine Superposition
(720p, Low, OpenGL)
5,860 8,413 +44%
Spaceship
(1080p, High)
14.1 22.7 +61%
CS:GO FPS Bench
(1080p)
52.79 78.49 +49%
FinalFantasy XV
(Standard, 1080p)
14.55 20.48 +41%
HandBrake 882.277 1,015.663 +15%

オーバークロックされたUHD770はさまざまなベンチマークで40%以上のパフォーマンス向上を実現して宇宙船ベンチマークでは最大61%に達しています。

カウンターストライクでは49%向上したことでフレームレートを52.79FPSから78.49FPSに引き上げました。しかしファイナルファンタジーではUHD770を極限OCしても30FPSの目標に到達できていません。

実用性は皆無です

Alder Lakeに内蔵されている統合グラフィック(UHD770)は720pおよび1080pの非常に低い解像度でプレイするカジュアルゲーマーには役立ちます。

残念ながら極限までオーバークロックしたところでベンチマークの見た目の数値が上がるだけなので実際のゲーム性能はそれほど高くなりません。

そしてUHD770は消費電力が15Wに制限されているためできる事は限られています。統合グラフィックを使用して少しでも快適にしたいならばAPUを選択する方が望ましいでしょう。